2009年08月19日

岩隅投手の完投と、打線の復調が大きいだろう!

岩隅投手の完投と、打線の復調が大きいだろう!

岩隅も完全復調と見てよい働きだ!本来の投球に戻ってきている。
長いこと勝てなかった、マ―君も勝てるようになって来たし。

まあ、打線の復調の方が大きいと思う。

山崎武司の一試合2発のホ―ムランで6点差をひっくり返す
ような勢いが出てし、
昨日、8月18日には、セギノ―ルにも、一試合2発の
ホ―ムランが出て、打線に勢いが出てきた。

やはり、ピストルだけでは、試合に勝てない!

大砲が必要だ!!

楽天は、パ・リ―グでは、一番、本塁打が少ない!!

投打がかみ合って来たので、連勝も不思議ではなくなってきた。
だけど、本日(8月19日)は、日本ハム戦が中止になったね!

試合をやって欲しかったが、残念だった。

岩隈完投10勝目!楽天1毛差で3位浮上!
8月19日7時2分配信 スポニチアネックス


拡大写真
<日・楽>試合後、岩隈久志と握手をかわす野村克也監督(左)
 【楽天6−3日本ハム】やったぜノムさん、Aクラスだ――。楽天は18日、岩隈久志投手(28)の好投で首位の日本ハム相手に快勝して4連勝。8月に限ればリーグ首位タイの勝率を誇るチームは、ナイターで引き分けた西武と勝率1毛差で3位に浮上した。今季限りで退団が既定路線だった野村克也監督(74)だが、日本一を条件とした続投の可能性が急浮上したばかり。悲願の頂点へ、CS進出をはっきりと視界にとらえた。

 この勢いは本物だ。打線が序盤に大量点を挙げて、エースが完投。北の大地・旭川で首位の日本ハムを一蹴して、今月2度目の4連勝で7月1日以来の借金1とした。

 「まだあるの?その借金より7月の8連敗を取り返したい。だからあと4つ、勝たにゃいかん」

 野村監督の口からは破竹の8連勝宣言まで飛び出した。それだけチームに手応えを感じている。初回に先制されてもすぐ逆転。3回は4安打を集中して3点追加。相手を下回る8安打でもしっかり白星に結びつけた。

 後半戦は11勝6敗。6、7月に勝てなかった2枚看板の田中と岩隈が完全復調。藤原ら新戦力も台頭して先発陣が落ち着きを取り戻した。8月のチーム防御率はリーグトップの3・11。日替わりだった捕手を嶋に一本化したのも大きい。これまでリード面について“説教”ばかりだった愛弟子を最近は褒めることが多い。安定したバッテリーがチーム力を底上げしている。さらに途中加入のリンデンが1番に定着。リーグ打率トップの3番・鉄平から勝負強い山崎武と、打線につながりが出てきた。

 今季限りで退団が既定路線だった野村監督だが球団幹部が「CSに出て日本一なら監督を代えられない」としていることが判明した。“日本一”という続投条件を聞いた野村監督は「結果で判断というのは失礼。本来、能力で判断されるべきもの。オレはへそ曲がりだから、日本一になったら逆にケツまくってやる」とプライドをにじませたが、4年間育ててきたチームへの愛情は深い。「3位とかそういうチームじゃない。下降線はあっても上昇線はないよ。現状維持が精いっぱい」と厳しい言葉も愛情の裏返しからだ。

 「次期監督候補は10人もいるらしい。古田も残ってるらしいな」と野村監督は笑った。3位浮上で見え始めた逆転残留への可能性。そして可愛いチームの悲願のCS進出。すべてをかなえるために、信念のタクトは激しさを増す。

 ≪岩隈111球完投勝利!≫岩隈が111球で10安打3失点完投。後半戦に入って4戦4勝で3完投とフル回転の右腕は「チームも連勝していたので流れを変えたくなかった」と笑顔で汗をぬぐった。3回、失点してなお1死一、二塁から狙って二ゴロ併殺で仕留めて勢いに乗った。「こういう時に完投してくれるとありがたい」と野村監督も頼れるエースの仕事を称えた。



お見合いパブとは何か?


お見合い写真を撮る技術は格段に進歩


お見合い写真のワンポイントアドバイス


posted by warashibe at 11:30| Comment(0) | 岩隅久志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

あのダルビッシュでも高校卒3年目で32勝なのだから

あのダルビッシュでも高校卒3年目で32勝なのだから、
今期中に後3勝して、ダルビッシュの記録を抜き去ることが
できるのか!!

巨人に入っていれば、40勝していてもおかしくないとは!?

やはり、弱いチ―ムに所属しているのは、大変なのは
間違いない。

だけど、昨年の岩隅投手の21勝は、とんでもない記録
だと思う。

その記録は、楽天の投手としては、当分、破られないのでは?

まあ、強い日本ハムのチ―ムでも、打線に助けられて勝った
のではない、ダルビッシュは、凄いとは思いますが。

今年は、20勝を越えるのではないだろうか?

21勝も、射程圏内だろう??

最多勝は、涌井との一騎打ちになるのだろうか??

ソフトバンクの杉内も、このところ調子を上げているが、
ダルビッシュとの3差は、大きいと思う。

今日は、西武の先発は涌井だが、どんな投球を見せるのだろうか??

田中 高卒3年目で30勝の価値2009年08月18日10時00分 / 提供:ゲンダイネット
 勝負事に「たら」や「れば」は禁句だが、仮にマー君が巨人の選手だったら、すでにプロ通算40勝はクリアしているのではないか。

 楽天の田中が14日のロッテ戦に先発。8回を7安打2失点に抑えて10勝目(4敗1セーブ)。プロ通算30勝(18敗2セーブ)に到達した。

 高卒3年目での30勝は05年入団のダルビッシュ(日本ハム、32勝)と涌井(西武、30勝)以来。残りが47試合あることを考えたら、2人の3年間の勝ち星を抜くのはほぼ確実だ。

 しかも、田中がいるのはあの楽天だ。入団1年目の07年は4位、翌2年目の08年は5位の万年Bクラス球団。今年も14日現在、首位の日ハムから14ゲーム離された4位に沈んでいる。

 チーム総得点367、本塁打数68は、いずれもリーグワースト。リーグで最も非力な打線をバックにこれだけ勝ち星を重ねているのだ。

 この日もシーソーゲームの中で粘りの投球を見せたように、今季はここまでリーグトップタイの3完封。援護がないときでも、自力で相手打線を封じている。

 春先はWBCに出場。開幕前にフル回転した反動から故障や不調に悩む投手が多い中、一度、登録を抹消されただけで大きなケガもなく投げ続けているのは評価していいだろう。

 ついでにいえば指揮官はあの野村監督。投げるときは勝って当たり前。負ければボロクソで、勝っても自分から降板を申し出ようものならネチネチ言われる。1年目からそういう環境にいながらの通算30勝だ。

 試合後の本人は「(1点差に迫られた九回は)なんとか抑えてくれと思って見てました。ロッテ戦(この試合前まで4勝10敗)に分が悪い? それも頭に入ってました。3連戦の頭だし、勝ちたいと思ってていねいに投げました。まっすぐは今年で一番よくなかったけど、途中からはいいバランスで投げられたと思う」と話した。

(日刊ゲンダイ2009年8月15日掲載)


中国旅行記・上海旅行8日間の旅

中国旅行記・上海旅行8日間の旅・目次


中国旅行に向けて出発・朝の早い出発の海外旅行は少し大変だけど楽しい!?

中部国際空港・屋上のスカイゲートでは耳が切れるほど寒かった!

中部国際空港で搭乗間際に居眠りしてしまって受付の人に起こされた!


中国料理(上海料理)が予想外にうまかったので驚いた!!


上海から無錫にバスで向かった。バスは新しくきれいだった。

posted by warashibe at 13:24| Comment(0) | 田中将大 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好調さを取り戻した、岩隅投手が、どこまで 強力な日本ハム打線を抑えることができるのか?


今日(18日)から、日本ハムとの3連戦だ!

ここで、日本ハムを3つ叩きたいところだ!
楽天が日本ハムを3つたたければ、独走体制の
日本ハムと2位以下の差をつめることになり、
パリ―グの野球が面白くなる。

好調さを取り戻した、岩隅投手が、どこまで
強力な日本ハム打線を抑えることができるのか?

3点以内に抑えれば、勝機も見えてくるだろう!?

今日も、山崎選手が活躍してくれるのかな?

そろそろ、セギノ―ルも復活してくれないかな?


セギノ―ルが本調子になれば、打線に厚みが出てくるのだが?

守るだけでは勝てないので、打つ方が、もう少しよくなって
くれば、Aクラスから優勝を狙えるのだが?

ノムさんAクラス復帰へ「首位イジメや」
2009年8月18日(火) 7時53分 サンケイスポーツ


(写真:サンケイスポーツ)


 楽天は、18日から首位・日本ハムとの3連戦(18日、19日旭川、20日札幌ドーム)に臨む。現在、3位西武に0.5ゲーム差と迫り、7月3日以来のAクラス復帰も目前。初戦にエース岩隈久志投手(28)を投入する野村克也監督(74)も、先手必勝で「首位イジメ」をもくろんでいる。

 

 首位と4位の対決でも、敵地に向かう楽天ナインには首位攻防戦のような緊張感が漂っていた。3位の西武に0.5ゲーム差。首位をたたきAクラス復帰を狙う。

 「せっかく調子がいいときに、日本ハムと当たるとはね」。相手は9カード連続勝ち越しで盤石の強さを見せるだけに、野村監督は控えめ。しかし、勢いは楽天も負けていない。前カードでロッテに3連勝。16日は球団タイ記録の6点差逆転勝ち。ムードは最高潮だ。

 先手必勝。初戦は後半戦3連勝中の岩隈で勝ちに行く。この日、旭川への移動前にKスタ宮城で調整。「チームの流れを止めたくない。ハムの調子もいいけど、しっかり投げます」と闘志を燃やした。完全復活したいまなら、好調な打線も恐れることはない。

 「首位いじめをしないとな。まあ、日本ハムは3つ負けても余裕だろうけど」と不敵な笑みを浮かべるノムさん。現在は借金2で、3連勝なら6月28日以来の貯金生活も夢ではない。今季の対戦成績は7勝8敗と互角。北の大地で、パ・リーグの今後を占う熱戦が繰り広げられる。


お見合い情報ガイド



お見合いのときに使う身上書とは?


お見合い当日のマナ―について



お見合いパーティーに着ていく女性の服装


お見合いパーティーに男性が着ていく服装

posted by warashibe at 11:52| Comment(0) | 岩隅久志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

「神様、仏様、山崎様」 まさか!まさか?の大逆転!!山崎武司が驚きの大活躍!!

まさか!まさか?の大逆転!!山崎武司が驚きの大活躍!!


8回1死までに、楽天0―ロッテ6 では、どうやって
勝つんだ!!!

と思って、野球のネット中継を見るのをやめた!!

今日は、100%負け試合だと思った。

それで、夜中にテレビで、大逆転で楽天が勝ったと知って
驚いた!!


山崎武司の8回3ラン、9回2ランと2打席連続で
ホ―ムランを打ち込んで、奇跡としか思えない!!

神掛かっていると思える働きだ!!

通算351号本塁打を達成して、本塁打、打点とも
パリ―グ2位となった。

中年の星である。
中年のおじさんたちに希望や夢を与えてくれる働きだ!!

プロ野球で40歳といえば、もう化石のような存在でしょう??

それが、タイトル争いに絡むような動きだ!!

驚きとしか言いようがない!!


野村監督も、昨日(8月16日)の試合は、
「神様、仏様、山崎様」
と思ったのに違いない!!

8月18日から、日本ハム戦だが、ここで、一気に
日本ハムを3タテにして、3位の座をものにしたい!

それにしても、今年の日本ハムは強いね!!

ダルビッシュが、飛びぬけているのもあるが、
今年は、去年の西武をしのぐほど打線が活発だ!

昨年の日本ハムは、あまり打てない打線だったが、
少ないチャンスをものにして手堅く勝っていたが、
今年は違う!

4点差や5点差は、全然平気で、試合をひっくり返して
しまう。

昨日(8月16日)も、9回に、稲葉が3ランで同点に
するなど、信じられないような試合が続く!

その日本ハムを3タテにできたら、痛快なんだが、
やはり難しいかな??



山崎武連発!350号+1…楽天が3位西武に0・5差
2009年8月17日(月) 8時0分 スポーツ報知

 ◆楽天7x−6ロッテ=延長12回=(16日・Kスタ宮城) 興奮を抑えきれなかった。お立ち台の山崎武は、「今日来てるお客さんと一緒で、クライマックスシリーズにどうしても行きたい」と声を張り上げた。4時間26分の死闘の末に白星をつかみ、ロッテに同一カード3連勝。3位・西武に0・5ゲーム差に迫り、ついに射程圏にとらえた。

 小坂がサヨナラの立役者なら、山崎武は陰の主役だ。6点を追う8回1死一、二塁。カウント0―1から唐川の外寄りスライダーにバットを伸ばした。反撃の号砲となる26号3ランでプロ通算350本塁打を達成。40代での350号達成は史上初。史上最も遅い記録達成は、地道に努力を続けてきたあかしだ。

 2点差とした9回は、2死二塁でシコースキーの150キロをたたき、左翼席中段に2打席連続の27号2ラン。「(直球と)割り切っていった。振り遅れないように思い切っていった」とベテランらしい読みがさえた。6点差からの逆転勝ちは、07年7月11日のソフトバンク戦以来、チーム史上2度目。最大タイの逆転劇は、山崎武の2発があったからこそ、だ。

 クライマックスシリーズ(CS)進出に向けて大きな1勝を手にした野村監督は、「あの2発はでかいわな。西武と0・5差? いやいやまた開く」と言いながら、「次は首位イジメか?」と18日からの日本ハム3連戦に色気をのぞかせた。

 節目の350本を達成した山崎武も、「(14日に達成した)1500打点もやったし、個人的な目標は今日でなくなった」と言い切った。悲願のCSへ突っ走るだけだ。


中国旅行記・上海旅行8日間の旅

中国旅行記・上海旅行8日間の旅・目次


中国旅行に向けて出発・朝の早い出発の海外旅行は少し大変だけど楽しい!?

中部国際空港・屋上のスカイゲートでは耳が切れるほど寒かった!

中部国際空港で搭乗間際に居眠りしてしまって受付の人に起こされた!


中国料理(上海料理)が予想外にうまかったので驚いた!!


上海から無錫にバスで向かった。バスは新しくきれいだった。




posted by warashibe at 12:24| Comment(0) | 山崎 武司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

プロ初勝利か?その程度のピッチャーだな。まだダメ。

木谷投手は、プロ4年目でやっと初勝利!?

遅咲きという人もいるけれど、やっぱり、スポ―ツ選手は
才能によるところが大きいと思う。

それにしても、野村監督は、ひどいことを言うねえ!


「プロ初勝利か?その程度のピッチャーだな。まだダメ。きょうは嶋がうまく投げさせていた。まあ、こういう連戦の中で木谷で1つまかなえたのはチーム事情としては助かった」だ。

本音だろうが、本人としたら、そんなことを言われたらがっかりするよね?


まあ、それで発奮する選手ならばいいけれど、そうでないと
落ち込むよ。


この勢いで、勝率を5割に戻して、3位の座を西武から、もぎ取れば、
クライマックスシリ―ズから、優勝の道が開ける。

1位の日本ハムは、はるかかなたに行ったしまったので、
追うのは無理だけど、2位のソフトバンクまでは可能性がある。

ここで、3位に入り込めなければ、クライマックスシリ―ズの
進出は、かなり難しくなる。
 

木谷プロ初勝利で楽天、西武に1・5差肉薄!
2009年8月16日(日) 7時3分 スポーツニッポン





 【楽天5―1ロッテ】あまのじゃくな人だ。3位・西武に1・5ゲーム差に迫り、ベンチ前での勝利のあいさつ。三塁側から左翼、右翼、そして一塁側へと頭を下げた野村監督。最後は両手を振って応えておきながら、口を開けば4年目でプロ初勝利の木谷について「プロ初勝利か?その程度のピッチャーだな。まだダメ。きょうは嶋がうまく投げさせていた。まあ、こういう連戦の中で木谷で1つまかなえたのはチーム事情としては助かった」だ。

 新人・井坂が肺気胸で離脱して巡ってきた木谷の今季初先発。3回に失策絡みで失点も、4回以降は1安打で6回4安打1失点と試合をつくった。1980年生まれの“松坂世代”現役投手では最後に手にした初白星。観戦した家族の前のお立ち台で「自分の年で勝っていなかったのは僕だけだったので、だいぶホッとしている。最高の気分」と照れ笑いを浮かべた。レッドソックス・松坂とはオフの55年会で顔を合わせる程度で「2年前くらいに“近江の木谷だろ”って知っててくれた」と謙そん。だが、98年春夏連続で甲子園出場。王子製紙時代は主力で都市対抗優勝を果たした勲章はある。その逸材が運んだ貴重な白星だった。

 5度目の挑戦で7月3日以来の借金3に減らし、獅子のしっぽが見えてきた。「西武は地力があるから落ちる可能性はうちの方がある。ヨソを見ていたらうちはおかしくなる。まず5割に戻すことをオレは目標にやっている。あしたも唐川と長谷部。どっからみても分が悪い」。野村監督の威勢の悪さは“能ある犬鷲はツメを隠す”の表れ。手応えはある。ここ10試合7勝3敗の好調さで、一気に再浮上を狙う腹づもりだ。

 ◆木谷 寿巳(きたに・ひさし)1980年(昭55)10月15日、滋賀県生まれの28歳。近江―東北福祉大―王子製紙を経て05年大学・社会人ドラフト6巡目で楽天入団。1軍初登板の昨季は22試合で0勝3敗1セーブ、防御率4・12。1メートル80、78キロ。右投げ右打ち。


中国旅行記・上海旅行8日間の旅

中国旅行記・上海旅行8日間の旅・目次


中国旅行に向けて出発・朝の早い出発の海外旅行は少し大変だけど楽しい!?

中部国際空港・屋上のスカイゲートでは耳が切れるほど寒かった!

中部国際空港で搭乗間際に居眠りしてしまって受付の人に起こされた!


中国料理(上海料理)が予想外にうまかったので驚いた!!


上海から無錫にバスで向かった。バスは新しくきれいだった。



posted by warashibe at 13:01| Comment(0) | 木谷 寿巳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

マ―君、まさかの1イニング2連発でびっくり!!


マ―君、まさかの1イニング2連発でびっくり!!
初回に、2死後に、2発の連続ホ―ムランを浴びて
呆然とした!

今期、17試合で5本しか、本塁打を打たれていなかった
のに、1イニングに2発は多い。

それに、連続本塁打には、マ―君はびっくりだろう。

それでも、ソロホ―ムランだったのが、まだ運があった
と思う。

まあ、その後、立ち直って、8回まで2点に抑えられた
のが大きいと思う。

でも、8回107球で降板とは意外だった。
9回まで投げきって、完投してくれるものだと思って
いたから。

9回は、マ―君から代わった福盛投手が、
ハラハラ、ドキドキを演出してくれましたね!?


マ―君の10勝目が、消えるところだった。

8回も、「アブね〜」連発だろうけれど
9回の方が、「アブね〜」連発じゃなかっただろうか??

楽天・マー君30勝、「アブね〜」連発
2009年8月15日(土) 7時51分 サンケイスポーツ


 (パ・リーグ、楽天4−2ロッテ、15回戦、ロッテ10勝5敗、14日、Kスタ宮城)ほろ苦の初体験にもめげなかった。楽天・田中将大投手(20)が14日、ロッテ15回戦(Kスタ宮城)に先発。一回に「記憶にない」という2者連続本塁打を浴びながら、二回以降は得点を許さず、8回2失点で2年ぶりとなる10勝目(4敗)を挙げた。区切りの通算30勝目となったマー君の力投で、チームは3位西武に2.5ゲーム差と接近。Aクラスは目前だ。


 1点リードの八回二死。大松の右翼への大飛球(右飛)にマウンドで肝を冷やした田中は、何度も「アブね〜」と繰り返した。ベンチをヒヤヒヤさせながらも8回2失点で、11勝を挙げた07年以来2年ぶりの10勝目。高卒3年目での通算30勝到達は、ダルビッシュ(日本ハム)と涌井(西武)に並んだ。

 「2けた勝利は当たり前という期待を感じています。意識はしていなかったけど、10勝という区切りができたことは本当にうれしいです」

 人生で初体験の幕開けだった。一回二死からサブローと大松に左翼席へ運ばれた。2者連続で本塁打を喫したのはプロ3年目で初めて。駒大苫小牧高時代も「ないと思います」という屈辱にも「このまま崩れたらこれまでと一緒。気持ちを切り替えていった」

 四回からは走者がいなくてもセットポジションからの投球。変化球のリリースポイントも修正した。二回以降は散発3安打。八回で降板するまで追加点を許さなかった。

 試合前には野球の2016年五輪での実施競技復活が絶望的という知らせが届いた。「野球が広まっていない国がある中で、世界的な大会がなくなるのは残念」。野球復活のキャンペーンキャラクターも務めていただけに表情を曇らせたが、マウンドではすべてを忘れて力投した。

 「二回以降は安心して見ていられたよ。ピンチらしいピンチもなかったし」と野村監督。マー君の目標も指揮官と同じで「10勝は通過点。投げる試合は全部勝つつもりでいきたい。クライマックスシリーズには絶対に出たい」。悲願のAクラス入りは20歳の右腕にかかっている。


中国旅行に向けて出発・朝の早い出発の海外旅行は少し大変だけど楽しい!?

中部国際空港・屋上のスカイゲートでは耳が切れるほど寒かった!

中部国際空港で搭乗間際に居眠りしてしまって受付の人に起こされた!


中国料理(上海料理)が予想外にうまかったので驚いた!!


上海から無錫にバスで向かった。バスは新しくきれいだった。
posted by warashibe at 11:20| Comment(0) | 田中将大 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

4点以上、相手チ―ムに点を取られたら、挽回は難しい。

8月13日(木)の試合は大敗だった。
まあ、何と言っても、永井投手の大誤算だろう!

初回に6失点では挽回のしようがない。

今の楽天打線だと、一試合に3点以内に抑えないと
勝てないだろう?

4点以上、相手チ―ムに点を取られたら、
挽回は難しい。

乱打戦で打ち勝つ??
というのは厳しい。

その中で、山崎武司の活躍は、驚くほどの活躍だ。
年間50本は無理でも、年間40本の本塁打数は
狙えそうな感じでもある??

まあ、勝ちを計算できる投手が後1人と山崎選手クラスの
大砲が居れば、Aクラスから優勝は狙えるかもしれない??


今日、8月14日は、マ―君の登板予定だが、
ビシュッ!と抑えてくれるのかな??

まあ、2点以上に抑えて、完投勝利を期待しています。


23年目、40歳9か月史上最遅で山崎武1000打点…楽天
2009年8月14日(金) 8時0分 スポーツ報知

 ◆楽天8―15ソフトバンク(13日・Kスタ宮城) バットに込めた闘志の積み重ねだった。6回無死満塁。楽天・山崎武が藤岡の内角低め直球を強振した。左翼線二塁打で2者が生還した。通算1001打点とし、1000打点は史上35人目の快挙だ。「僕だけの力じゃない。前に出てくれた選手に感謝したい」。プロ23年目、40歳9か月での達成は、史上最も遅い到達となった。

 5打数3安打4打点の猛打賞。4回1死には左翼席へ25号ソロを放ち、通算350号にあと1本と迫った。11月で41歳になる山崎武が次の目標に掲げるのは、41歳以上シーズンでの本塁打記録となる、オリックス・門田博光が89年に打った33本だ。「破れるように残り試合を戦っていきたい」。不惑になっても、夢があるから頑張れる。

 投手陣が炎上し、ともに今季ワーストタイとなる被安打19、15失点と大敗。主砲の記録を勝利で飾れず、野村監督も「気の毒だったけど、しようがない」とボヤいた。350号には「明日からの3連戦で決めたい」と山崎武。Aクラス入りへ、ベテランのバットが火を噴く。



中国旅行記・上海旅行8日間の旅



中国旅行記・上海旅行8日間の旅・目次
posted by warashibe at 14:45| Comment(0) | 山崎 武司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

山崎武司は、現在、40歳なんですよね!! 鉄人ですね!!


昨日(8月8日)の試合は打ち負けたというよりも、
投手が打たれすぎだった。

楽天打線が、このところ上昇傾向になってきたが、
鉄平と山崎武司の活躍が顕著だ!

山崎武司は、現在、40歳なんですよね!!
鉄人ですね!!

阪神の金本も開幕当初は、1試合3本塁打などで
化け物的な活躍をしたが、今は、その面影もない??

山崎武司の昨年の本塁打数は26本だったから、
その本塁打数は、今年は楽に越えそうだ!!

おかわり君(西武・中村)のような化け物がいなければ、
山崎武司の本塁打王も可能性が大ありだが、
今年は、無理そうだ!

現在、おかわり君(34本)と10本差もあるから。

でも、今は、追いつきそうなほど勢いがある??

おかわり君を抜いて、本塁打王になったら、
奇跡だろうけれど!!

年間60本ぐらい打たないと、本塁打王に
なれそうにないから?


「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト



山崎武豪快2発!“節目”本塁打&打点目前
2009年8月9日(日) 7時2分 スポーツニッポン

 【楽天6−8日本ハム】楽天の山崎武が豪快に2本塁打を放った。初回に高々と左翼席へ23号2ラン。2―8の7回には、左翼席中段へ3ランを叩き込んだ。これで通算348本塁打、998打点。7月に通算1500安打を達成したばかりだが、350号と1000打点の節目も間近に迫った。だが、5打点の活躍も実らず、チームは逆転負け。8回の一打同点の好機では中飛に倒れ「外のスライダーを待っていたが、逆球で内角が来た」と悔しそうだった。


<日本ハム>打ち勝つ…藤井は6勝目 楽天、連勝4で止まる
2009年8月8日(土) 22時17分 毎日新聞

 ◇プロ野球(8日)

 ○日本ハム8−6楽天●(Kスタ宮城)

 日本ハムが打ち勝った。四回に敵失に乗じて逆転し、五回は高橋、スレッジ、小谷野、坪井の4連続適時打で5点。藤井は「低めに集めることを心掛けた」と6回2失点で6勝目。楽天は山崎武が2本塁打を放ち、鉄平が連続試合安打を24に伸ばすも投手陣が崩れ、連勝は4で止まった。 

 ▽日本ハム・梨田監督 終盤はちょっとバタバタしたが、よく抑えた。鉄平は手がつけられないね。

 ▽楽天・野村監督 (四回の失策絡みの失点に)とにかく、やらんでもいい点をようやるわ。あーいう野球をされると、おれは4年間、何をやってきたかと嫌になる。

 ○…日本ハム打線が勝負強さを改めて示した。五回無死満塁から糸井の中飛で三塁走者の金子誠が本塁を突くも憤死。2死一、二塁となって好機はついえたかに見えたが、ここから高橋、スレッジ、小谷野、坪井の4連続適時打で5点をもぎ取った。この大量得点が生きて終盤の楽天の猛追をかわした。「けが人が多くて苦しいが、我慢のしどころ」と高橋。森本、稲葉を負傷で欠いても打線のつながりは健在だ。

posted by warashibe at 12:15| Comment(0) | 山崎 武司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

マー君が、やっと勝てた!! ダルビッシュに 投げ勝っての勝利

マー君が、やっと勝てた!!

それも、相手が日本でNO.1と言われるダルビッシュに
投げ勝っての勝利だけに、この1勝は大きかった!!

6月11日に勝って以来の勝利だけに、二ヶ月近くも
勝てなかったのは、味方の援護がなかったというのは
大きいがツキにも、見放されていたということだろう。

4回までに、8安打されて、8回で10安打の投球内容
から見れば、よく1点で抑えられたということだろう。

点さえ取られなければ、いくら安打されても、いいわけでは
ない。

安打が多ければ、球数が多くなり、長いイニングを
投げられなくなるから良くない。

まあ、ホ―ムランのような長打が出なければ、
大量点にならないのかもしれないが??

マー君は、今期、8月7日までに、確か、
公式戦ではホ―ムランを5本しか打たれていない
はずだから、少ない投手に入る。

昨年、最多勝に輝いた、岩隅投手が年間を通して、
確か5本ぐらいしか、ホ―ムランを打たれていなかった
気がする??

最多勝を狙えるような投手は、被本塁打が極めて
少ない傾向があると思う。

ダルビッシュも、被本塁打は、少ない。
確か7本ぐらいだと思う?

西武の岸投手は、10勝1敗と驚異的な勝率だが、
被本塁打は17本もある。

よく、これだけ打たれても、10勝もしているものだなあ?

おそらく、打たれても強力な西武打線が、試合をひっくり
返してくれるのだろうね??

そういえば、今日、8月8日は岸投手の登板日だが、
11勝なるかな??


話が脱線したが、田中マー君の9勝目、おめでとう!!


【野球】ピッチング・スピードアップ!プログラム





羽虫に、雨に、ダルさんに!マー君投げ勝った!
2009年8月8日(土) 7時3分 スポーツニッポン



 【楽天3―1日本ハム】マー君がダルに初めて勝った。

楽天・田中将大投手(20)と日本ハム・ダルビッシュ有投手(22)が7日、今季初めて激突。過去、直接対決で2敗を喫している田中が8回を1失点に抑え、3度目の正直で初白星を挙げた。羽虫の大量発生、降雨中断など“過酷”な条件の中で、6月11日の中日戦以来57日ぶりの白星となる9勝目。チームも4連勝で3位西武に2・5ゲーム差に詰め寄った。

 声の主はダルビッシュだった。「そのまま投げろや」。雨が強くなった7回、投球練習前に、審判団が田中とマウンドの状態を確認した時に一塁ベンチから飛んだヤジ。その7回1死一塁からスレッジを一ゴロ併殺打に仕留めた田中も負けなかった。「チェンジで近づいたときに“そのまま投げてください”と言い返しました」。2人しか踏み入れられない世界で2カ月ぶりにもぎ取った9勝目に、田中はいたずらっぽく笑った。

 新人の07年9月以来3度目の投げ合い。過去2戦2敗だっただけに意地を見せた。2回に金子誠に右前適時打を浴びるなど4回まで毎回の8安打を許したが、崩れない。7回のやりとりの後、雨による37分の中断を挟み8回を10安打1失点。「気持ちが切れた方が負けだと思っていた」。8回も無死一、二塁とピンチを招いたが、鶴岡の投前バントで二塁走者を封殺すると、続く金子誠を遊ゴロ併殺に仕留めガッツポーズを見せた。「楽しみだった。やっぱり意識したし、いい試合ができればいいと思っていた」。昨年の北京五輪、3月のWBCで一緒に戦い、7月の球宴でも食事をともにした兄貴分からの初勝利は格別の味だった。

 6月11日の中日戦(Kスタ宮城)以来先発では7試合ぶりの9勝目。誰よりもチームの勝ちを優先してきた田中でさえ、援護がなく嘆くこともあった。だがこの日は違った。「先に点を取られたけど(野手に)打っていただいて本当に感謝したい」。登板後のチームメートへの感謝の言葉も田中の復活の証。4度目の4連勝で3位西武に2・5ゲーム差とした粘りの投球に野村監督も「2カ月も勝ってなかったのか。そりゃ長いな。ひと安心というかね」と安どした。

 「長い間、勝てなくて正直、モヤモヤしてた部分があった。やっと勝つことができて、前に進める気がする。次の登板に向けていい1週間にできると思う」。雨中の“師弟対決”を制した田中が、ようやく再スタートを切った。


posted by warashibe at 14:13| Comment(0) | 田中将大 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

鉄平さま、さまの試合であった。湿りっぱなしの打線がようやく上向いてきた??

8月6日(木)の試合は、見ていて、これは負け試合だな!?

と確信(?)したのだが、どっこい、試合をひっくり返して、
最後には、大量点で、オリックスを突き放した。

まあ、鉄平さま、さまの試合であった。

鉄平選手、ついに、首位打者になったね!!


湿りっぱなしの打線がようやく上向いてきた感じである。

「打線は水物?」
と言われるように、投手がよいと、ぱったと打てなく
なることも多い。

今までは、どんな投手にあたっても、まったく
打てない感じであったから。

一試合に2点ぐらいしか、とれない感じで、
投手が3点以内に抑えても、負ける試合が多かった
気がする?

今日、8月7日(金)の相手は、ダルビッシュだ。

ダルビッシュを打てれば、打線は本物だが??

でも、厳しいかも??

ダルビッシュ相手だと、1点を奪うだけでも
大変という感じだから?

ダルビッシュから3点取れれば、マ―君が強力
日本ハム打線を2点以内に抑えてくれると思う??

というか、そう期待したい!!

それとも、9回まで0対0の投手戦が見られるのかな??

どちらにしても、今晩の試合は面白そうだ!!





田中将大―ヒーローのすべて









ダルビッシュ有の変化球バイブル (B・B MOOK 623 スポーツシリーズ NO. 496)







<楽天>延長制し3連勝 オリックス最後力尽き
2009年8月6日(木) 23時31分 毎日新聞

 ◇プロ野球(6日)

 ○楽天7−4オリックス●(延長十二回・京セラドーム)

 楽天は4−4の延長十二回1死一、二塁、鉄平の右翼線2点三塁打で勝ち越し。内野ゴロの間に1点を追加して3連勝した。オリックスは「ピンチを抑えられた」と平野が6回無失点の好投。九回に代打・フェルナンデスの左中間ソロで一度は追いついたが、抑えの加藤が力尽きた。

 ▽楽天・野村監督 結末がうちらしくない。負けパターンだったが。勝ちに持ち込めるようになったって? 甘い甘い、偶然です。

 ▽オリックス・大石監督 平野は「もういっぱいだ」と言うので代えたが、あと1イニングは投げてほしかった。打たれた加藤は責められない。

 ◇鉄平喜び2倍…球団新、連続試合安打「22」

 長い試合に決着をつけるときだ。楽天の攻撃は延長十二回。1死一、二塁の好機を迎え、最高の打者に打順が回った。この日、連続試合安打を球団新の22に伸ばしたばかりの鉄平だ。

 オリックスのマウンドは、抑えの加藤。3球連続直球勝負で2−1と追い込まれ、4球目は胸元へボール気味の148キロの直球。無造作に手を出せばポップフライになりかねない難しい球だが、腕をたたみ、バットをかぶせて振り抜くと、ライナー性の打球は右翼線を転々。2走者を還す決勝の適時三塁打となった。「ヒットになってよかった。追いつかれてどうなることかと思ったけれど、本当に大きな1勝です」

 試合後、球団新とは別にもうひとつ晴れがましい報が耳に入った。3安打4打点の固め打ちで高橋(日本ハム)を抜き、プロ9年目で初めて首位打者争いのトップに立ったのだ。「新聞を切り抜いておきます」。26歳は、控えめに喜んだ。

 これで3連勝。一度は失速しかけたチームに、再び勢いが戻りつつある。「鉄平さまさま。よくやってると思うよ」。もつれた試合にぼやくばかりの野村監督も、ヒーローをたたえることは忘れなかった。【田内隆弘】

 〇…オリックス・浜中が好調を維持している。0−0で迎えた五回、無死一塁から左中間席へ先制の本塁打を放った。楽天・井坂のカットボールが、真ん中やや内寄りに。浜中はうなりを上げるようなかつてのスイングではなく、素直に左中間方向へ打ち返し、そのままスタンドに入った。「ちょっと詰まったが、いい形でスイングできた」。これで、7月末に1軍復帰して以後、先発した5試合で4本目のアーチとなった。


posted by warashibe at 05:39| Comment(0) | 鉄平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。
こだわりが強くても大丈夫。   「真剣に結婚したい!」      そんなあなたのためにユーブライドは応援します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。