2009年07月15日

西武・渡辺監督、試合後も怒りは収まらなかった。

西武・渡辺監督も、昨日(14日)の負け方では、
腹の虫が収まらないのだろう!

7回が終わって、4点リ―ドのはずが、8回、9回で
6点も入れられて、1回の判定が不服の感じるのだと思う。

まあ、いまさら、不服をいっても始まらないと思うが?

どうなることでしょうか??


ナベQ激怒!球審に猛抗議「話にならない」
2009年7月15日(水) 11時25分 サンケイスポーツ


落球だと猛抗議した渡辺監督。試合後も怒りは収まらなかった(写真:サンケイスポーツ)


 (パ・リーグ、西武6−8楽天、10回戦、西武6勝4敗、14日、西武ドーム)西武は八、九回に6失点して逆転負け。西武・渡辺監督の怒りは審判団に向けられた。



一回無死満塁で三ゴロを中村紀が本塁に送球し捕手の中谷が落球したが、球審は「完全捕球はした」とアウトを宣告。指揮官は三走のホームインが先と9分間にわたって猛抗議したが、判定は覆らなかった。

 「あんなの話にならない。なあなあにはできない」と渡辺監督。球団は15日、コミッショナーに質問状を送る。
posted by warashibe at 17:32| Comment(0) | 中村紀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。
こだわりが強くても大丈夫。   「真剣に結婚したい!」      そんなあなたのためにユーブライドは応援します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。