2009年08月03日

打線の援護がなければ、Aクラスに入ることも難しいと思う??


楽天がロッテを相手に3連敗!

どこが悪いかと言えば、全部悪い??

歯車がかみあっていない!

でも、特に、打線が沈黙していると思う。
このロッテ3連戦でも、投手が打ち込まれた
というほどではない!

打線が沈黙して点が取れないから、
投げる方も、辛抱しきれなくなって
自滅する??

というパタ―ンが多いような気がする。

マ―君は別格としても、永井、長谷部の
両投手もよく投げていたと思う?

まあ、予想外の不振だったのが、
セギノ―ルと中村紀だ!

中村ノリは、ついに、登録抹消になってしまった。

日本ハムや西武の打線のように、5点差ぐらいだったら、
平気でひっくり返せれる!?

という強力打線があれば、3点ぐらい取られても、
最後まで投げていれば勝利投手になれる??

楽天打線だと、2点差ぐらいつけられると
もう、負け試合だな?

という雰囲気が出てくる。

1イニングで3点とか5点を取るような勢いがない!!

打線の援護がなければ、Aクラスに入ることも
難しいと思う??


楽天、サヨナラ負け…3連敗で借金最多8
2009年8月2日(日) 22時8分 サンケイスポーツ




 (パ・リーグ、ロッテ2x−1楽天=延長十一回、14回戦、ロッテ10勝4敗、2日、千葉)楽天は救援陣が踏ん張れずにロッテにサヨナラ負けを喫し3連敗。借金は今季ワーストの「8」に膨らんだ。

【写真で見る】6回、楽天・リンデンとロッテ・里崎が口論、あわや乱闘の騒ぎに

 投手戦なのか、決定打を欠く拙攻戦なのか−。楽天が、今季最多タイの借金「7」で迎えた試合は緊迫(?)の展開となった。

 先制点は簡単に奪った。一回先頭の渡辺直が中前打で出塁し、犠打、三盗。すかさず3番・鉄平が左翼へ浅い飛球。これに渡辺直が快足タッチアップで生還。ここまで通算4度の対戦で0勝4敗、防御率0・59と苦手とするロッテ先発・唐川相手に、幸先のよいスタートと思えた。

 それでも今の楽天に勢いはない。三回一死満塁でリンデン、草野が凡退するなど、その後の打線は沈黙。九回一死一、三塁のチャンスも無得点に終わった。先発左腕・長谷部は交代する七回まで毎回走者を背負ったが、粘投で4併殺を奪い、要所での致命打は三回に許したサブローの適時打だけ。傷口は最小限にとどめた。

 この日の試合開始は午後5時。日本ハム、ソフトバンク、西武の上位3チームは午後1時開始。だが、三塁ベンチにドカッと座った野村監督は「気になりません」とライバル球団の結果に無関心。むしろ同時刻に放送されていたサスペンスドラマが気になり、記者の携帯電話のテレビ機能を利用し、「この女が犯人や」。ドラマの結末を見届けた。

 「オリックスと5ゲーム差(1日時点)か…あっちゅう間に同じになるかもしれんね。(順位の)上を見ていたいけど」

 自嘲(じちょう)気味に笑った野村監督。ドラマのタイトルはくしくも『復讐(ふくしゅう)の女』。試合は1−1のまま延長戦に突入し、十一回サヨナラ負け。野村楽天の“復讐(ふくしゅう)”は、いつ始まるのか…。


posted by warashibe at 20:35| Comment(0) | 中村紀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。
こだわりが強くても大丈夫。   「真剣に結婚したい!」      そんなあなたのためにユーブライドは応援します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。