2009年08月05日

やはり、エ―スの登板の試合で勝たないことには上昇軌道には乗っていけない!

岩隈、連続完投で完全復活か??

やはり、エ―スの登板の試合で勝たないことには
上昇軌道には乗っていけない!

安定したピッチングで、見ていても安心だったが、
やはり打線の援護が大きかったと思う。

田中マ―君の登板のときは、なぜか、打線の
援護に恵まれない。

打線頼みと言うのも、みっともないが、
味方が1点ぐらいしか取ってくれないのでは、
ちょっとしたミスで勝利が逃げてしまう。

5点も取ってくれれば、思い切っていこうと
いう気になるが、1点だと、守りの姿勢に入って、
そこを狙われることになる。


まあ、今度は、マ―君の完投勝利を見てみたいものだ!!


岩隈、連続完投で8勝目!楽天、連敗ストップ
2009年8月4日(火) 21時46分 サンケイスポーツ


オリックス戦に先発した楽天・岩隈。連続完投で今季8勝目を挙げた(写真:サンケイスポーツ)


 (パ・リーグ、オリックス2−5楽天、11回戦、楽天7勝3敗1分、4日、スカイマーク)楽天は復活したエース・岩隈がオリックス打線を2失点に抑え完投勝利。今季8勝目を挙げ、チームの連敗を「3」でストップさせた。


 前日3日に近畿地方が梅雨明けした。敵地でオリックスとの3連戦に臨む楽天。3連敗中とあって、こちらもカラッと快勝で“梅雨明け”したいところだ。連敗ストップは岩隈に託された。

 「連敗しているので、最初(初戦)を取ってチームが乗っていけたらいいですね」

 一時は調子を落とし、勝ち星から遠ざかっていたが、前回登板となった7月28日の西武戦で約1カ月ぶりとなる白星。エース復活をアピールした。この日は立ち上がりの一回、先頭打者への四球から1点を失ったが、その後は安定した内容。両コーナーを丁寧に突き、安打は許すものの、スコアボードに「0」を続けた。

 テンポのよい岩隈のピッチングに乗せられるように、打線も奮起した。三回にタイムリー失策で同点に追いつき、なおも一死一、三塁で鉄平が勝ち越しの中前適時打。自身の連続試合安打を「20」に伸ばした。

 「良い場面で、いい打ち方ができました」

 連続試合安打について質問が及ぶと、近くにいた岩隈が「“ここから全試合で打ちます”でいいだろ?」と横ヤリ。「無理ですよ!! あくまでも一つの結果です」と鉄平は慌てたが、ベンチ内には連敗中とは思えない和やかな空気が流れた。四回にはリックのソロ、五回にも1点を加え、岩隈を援護した。

 「今は楽天が一番弱いチーム。他にも最下位のチームを(監督として)見たけど、楽天が一番弱いな」。試合前には例によってこうボヤいていた野村監督だが、シーズンは長い。浮上する時間は十分にある。

 試合は結局、リックの本塁打などでオリックスから5点を奪った楽天が5−2で快勝。エース・岩隈が完全復活で、連敗を「3」で止めた。






【野球】ピッチング・スピードアップ!プログラム

posted by warashibe at 09:41| Comment(0) | 岩隅久志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。
こだわりが強くても大丈夫。   「真剣に結婚したい!」      そんなあなたのためにユーブライドは応援します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。