2009年08月15日

マ―君、まさかの1イニング2連発でびっくり!!


マ―君、まさかの1イニング2連発でびっくり!!
初回に、2死後に、2発の連続ホ―ムランを浴びて
呆然とした!

今期、17試合で5本しか、本塁打を打たれていなかった
のに、1イニングに2発は多い。

それに、連続本塁打には、マ―君はびっくりだろう。

それでも、ソロホ―ムランだったのが、まだ運があった
と思う。

まあ、その後、立ち直って、8回まで2点に抑えられた
のが大きいと思う。

でも、8回107球で降板とは意外だった。
9回まで投げきって、完投してくれるものだと思って
いたから。

9回は、マ―君から代わった福盛投手が、
ハラハラ、ドキドキを演出してくれましたね!?


マ―君の10勝目が、消えるところだった。

8回も、「アブね〜」連発だろうけれど
9回の方が、「アブね〜」連発じゃなかっただろうか??

楽天・マー君30勝、「アブね〜」連発
2009年8月15日(土) 7時51分 サンケイスポーツ


 (パ・リーグ、楽天4−2ロッテ、15回戦、ロッテ10勝5敗、14日、Kスタ宮城)ほろ苦の初体験にもめげなかった。楽天・田中将大投手(20)が14日、ロッテ15回戦(Kスタ宮城)に先発。一回に「記憶にない」という2者連続本塁打を浴びながら、二回以降は得点を許さず、8回2失点で2年ぶりとなる10勝目(4敗)を挙げた。区切りの通算30勝目となったマー君の力投で、チームは3位西武に2.5ゲーム差と接近。Aクラスは目前だ。


 1点リードの八回二死。大松の右翼への大飛球(右飛)にマウンドで肝を冷やした田中は、何度も「アブね〜」と繰り返した。ベンチをヒヤヒヤさせながらも8回2失点で、11勝を挙げた07年以来2年ぶりの10勝目。高卒3年目での通算30勝到達は、ダルビッシュ(日本ハム)と涌井(西武)に並んだ。

 「2けた勝利は当たり前という期待を感じています。意識はしていなかったけど、10勝という区切りができたことは本当にうれしいです」

 人生で初体験の幕開けだった。一回二死からサブローと大松に左翼席へ運ばれた。2者連続で本塁打を喫したのはプロ3年目で初めて。駒大苫小牧高時代も「ないと思います」という屈辱にも「このまま崩れたらこれまでと一緒。気持ちを切り替えていった」

 四回からは走者がいなくてもセットポジションからの投球。変化球のリリースポイントも修正した。二回以降は散発3安打。八回で降板するまで追加点を許さなかった。

 試合前には野球の2016年五輪での実施競技復活が絶望的という知らせが届いた。「野球が広まっていない国がある中で、世界的な大会がなくなるのは残念」。野球復活のキャンペーンキャラクターも務めていただけに表情を曇らせたが、マウンドではすべてを忘れて力投した。

 「二回以降は安心して見ていられたよ。ピンチらしいピンチもなかったし」と野村監督。マー君の目標も指揮官と同じで「10勝は通過点。投げる試合は全部勝つつもりでいきたい。クライマックスシリーズには絶対に出たい」。悲願のAクラス入りは20歳の右腕にかかっている。


中国旅行に向けて出発・朝の早い出発の海外旅行は少し大変だけど楽しい!?

中部国際空港・屋上のスカイゲートでは耳が切れるほど寒かった!

中部国際空港で搭乗間際に居眠りしてしまって受付の人に起こされた!


中国料理(上海料理)が予想外にうまかったので驚いた!!


上海から無錫にバスで向かった。バスは新しくきれいだった。
posted by warashibe at 11:20| Comment(0) | 田中将大 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。
こだわりが強くても大丈夫。   「真剣に結婚したい!」      そんなあなたのためにユーブライドは応援します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。