2009年09月03日

永井に続投させればよかったのに・・・。 昨日の負けは後味が悪い〜監督の采配負け!

昨日の負けは後味が悪い〜監督の采配負け!
永井に続投させればよかったのに・・・。

永井も、さぞ不満だったと思う。
10勝目が、手にとどくところにあったのに
残念だった。


野村監督は、永井のことを信頼していないので、
あの継投で乗り切ろうとした。

まあ、運もあるので、継投が悪いわけじゃないが。

西武も、やすやすと負けるわけには行かないだろう。

それにしても、山崎武司の本塁打量産は凄いね!

おかわり君が休んでいるうちに、とうとう
4本差まで、迫ってきた。

おかわり君の復帰が遅くなれば、奇跡の本塁打王に
なれる可能性も出てきたね!!


今日は是が非でもマー君に勝利を託し、
守備打線の援護をお願い!頑張れ楽天!!

楽天、球団史上初のCSマジック点灯ならず…
2009年9月2日(水) 21時27分 サンケイスポーツ


(パ・リーグ、楽天3−7西武、18回戦、9勝9敗、2日、Kスタ宮城)

パ・リーグ3位の楽天は2日、Kスタ宮城でクライマックスシリーズ
(CS)進出を争う4位・西武に3−7で敗れ、球団史上初の
CS進出マジック点灯はならなかった。



 楽天は、先発の永井が六回までヒット6本を浴びながら、
中島のソロ本塁打のみに抑える粘りの投球。

打撃陣は4番・山崎武が4回に2ラン、
六回には宮出の遊ゴロの間に1点を追加し永井を援護した。

 しかし、七回に永井が四球のあと2アウトを取ったところで、
中継ぎの有銘に交代も栗山にヒットを浴び1、2塁。

野村監督はここで右の川岸に交代したが、さらに裏目だった。
中島、後藤、石井義に3連打を浴び一気に逆転。

八回にも3点の追加点を許した。

 楽天打線は、逆転された七回以降無安打と完全に意気消沈。
球団初のCSマジック点灯はならなかった。


上海から無錫にバスで向かった。バスは新しくきれいだった。


亀頭渚(げんとうしょ)公園の記憶がなぜか全くない!



無錫の宿泊ホテルは予想を上回る豪華なホテルだった!


無錫錦倫大酒店ホテルの朝のバイキング料理もまあまあ良かった



無錫では中国で3番目に大きい湖・太湖で遊覧船に乗った


太湖(無錫の湖)の景色をバックにツ―ショットでご機嫌です


無錫・三国城テ―マパ―クでの騎馬戦は予想以上に面白かった。


無錫・三国城の奥の方にも見所は一杯あってカ―トで移動した!


posted by warashibe at 10:05| Comment(0) | 永井 怜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。
こだわりが強くても大丈夫。   「真剣に結婚したい!」      そんなあなたのためにユーブライドは応援します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。