2009年09月04日

マー君、まさかの4失点! マー君は、やってくれると期待したのに、

マー君、まさかの4失点!

2日の試合で、後味の悪い負け方をしただけに

マー君は、やってくれると期待したのに、
西武打線に、いいようにやられた!!

いつも勝てるわけではないが、4失点は痛い!

昨日(9月3日)に勝っていれば、13勝目を
手にして、最多勝のタイトルも不可能では
なかったのに、残念だ!!

西武戦を1勝2敗で負け越してしまった。

CSマジックも、お預けとなった。

昨日の試合は、がっかりした!!


“読まれた”3拍子配球…ノムさん理論的中
2009年9月4日(金) 7時3分 スポーツニッポン




 【楽天0−4西武】楽天はCSマジック27の点灯目前で8月8、9日の日本ハム戦以来となる連敗。4位・西武に2ゲーム差に迫られた敗因の1つに、野村監督の“バッターの3拍子”理論が当てはまった。

 4回2死一塁から、田中がG・G・佐藤に先制の中越え2ランを浴びた。直球、直球、スライダー、フォークでカウント2―2としてから打たれたのは5球目の145キロの直球。野村監督はある配球論を披露している。

 「打者の3拍子というリズムがある。これを崩すのがキャッチャーの目であり頭脳。内、内、外とか真っすぐ、真っすぐ、変化球とか2球続くと打者は“ボチボチ逆かな”となる。それを考えてベテランキャッチャーになれば4拍子、超ベテランになれば5拍子や」

 4回の配球は結果的に直球、変化球をそれぞれ2球続けたあとに球種を変える「3拍子」になった。7回8安打4失点で5試合ぶりに5敗目を喫した田中は「全体的にコントロールが悪かった。失投も多かった。大事な試合でこういう投球をしてしまった。次はやり返さないといけない」と唇をかんだ。

 ≪苦手帆足にまた…「光が見えないや」≫楽天が三塁も踏めず今季11度目の零敗。西武・帆足には球団創設以来15試合で0勝8敗といまだに白星がない。7カードぶりの負け越しに「それにしても打てない。うちは左ピッチャーを得意とする人がいないんだよ」と野村監督。4日からの日本ハム戦も3人の左投手が先発予定だけに「対策で頭が痛い。雨降らねえかな。弱気になるよ。こんな試合していると。前途多難だね。光が見えないや」とぼやいた。


ワラントとは、株式を購入することができる権利のことをいいます。



低位株投資の有利な点とは?専門分野を絞る


自分の専門分野を作り不良在庫(塩漬け株)を残さない!




毎月、資金の10%の収益を目指せば大きな資産になる。



株価が低位で絶対つぶれないような銘柄を大量に仕込む投資法とは?


posted by warashibe at 12:46| Comment(0) | 田中将大 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。
こだわりが強くても大丈夫。   「真剣に結婚したい!」      そんなあなたのためにユーブライドは応援します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。