2010年03月21日

オリックス金子投手の出来が良すぎたと褒めるべきか、楽天の各打者が打てなさ過ぎたというべきか?

昨日(3月20日)から、2010年のパリーグ公式戦が始まった。

昨日は、開幕戦ということで、各球団のエースピッチャーが登板が
登板して見ごたえがある試合だった。

大方の予想通り、投手戦だったが、日本ハムのダルビッシュの
5失点が予想外だった。

それと、西武対ロッテ戦の、涌井・成瀬の投げあいは、少し予想外
だった。

ロッテの成瀬投手は、オープン戦の防御率が、相当悪かった。
ちょっと覚えがないけれど、7点台ぐらいだったと思う?

オープン戦の成績は、3試合で15失点だった。

西村監督が、オープン戦の成績は不安だけど、成瀬に任せる。
と言っていたように思う。

成瀬投手は、昨日の試合は確か三安打しか打たれてないと思うが、
そのうち2本が本塁打だった。

すばらしい好投だったが、失投はブラウンに投げた1球だけだったから
相当に悔やまれるだろう。

我らの楽天イーグルスの試合は、オリックス金子投手の前に「赤子の手を捻る?」
のごとく、手も足も出なかった。


金子投手は、去年も良い活躍をしたが、今年は去年以上に出来が
良いらしい。

金子の出来が良すぎたと褒めるべきか、楽天の各打者が打てなさ
過ぎたというべきか?

楽天の岩隅投手は8回1失点なので、勝ち投手に価する
ピッチングだったと思う。

本日、3月21日は、マー君の先発登板だ!
昨日の借りを、きっちり返すような投球を望みたい!!



○オリックス1−0楽天●(20日・京セラドーム)

 普段はクールな男が思わず拳を握り、グラブをたたいて喜んだ。

 九回無死一塁で、楽天・聖沢を二ゴロ併殺に仕留めた場面。オリックス・金子は次打者も打ち取り、岩隈とのエース対決を制した。「出来過ぎです」。表情には充実感がにじんだ。

 最大の危機は七回1死二塁。1点リードだったが、4番・山崎を打席に迎えた。だが、この日の好投を支えた内外角の制球力がこの場面でも生きた。フルカウントまで外角に5球、内角に2球投げたが、コントロールミスはなし。ここでマウンドに歩み寄った捕手・日高に投げたい球種を聞かれた。「チェンジアップです」。自信を持って、最後は空振り三振に仕留めた。

 山崎が振り返る。「力の金子というイメージだったが、変化球が(打つのに)無理そうなところに来ていた」。それが多彩だから、一層手を焼いた。

 この打席で投げただけでも、シュート、チェンジアップ、スライダー、フォーク、カットボール……。「金子はチェンジアップだけでも抜いたり、速くしたりできる」と日高。器用さと制球力を融合させ、球数は106で無四球。「早いカウントで打たせて取ることができた」と打者心理を巧みに操った。

 不安が残る救援陣にマウンドを渡さぬまま、球団では00年の小林以来となる開幕戦完封勝利。大砲頼みの昨季と異なり、今季目指すのは投手中心の野球であり、まずは理想的な形での白星発進となった。【新井隆一】

 ○…楽天は強攻策が裏目に出た。四回無死一塁で鉄平を打たせたが中飛に倒れ、続く山崎が併殺打。ブラウン監督は「鉄平は昨季の首位打者だし、その能力にかけた。一、三塁の状況を作りたかった」。欲張ったがために同点機をフイにした。九回無死一塁でも聖沢を打たせて二ゴロ併殺。こちらは「勝ち(逆転)を狙いにいった」ために同点の走者まで失った。昨季まで緻密(ちみつ)な戦術で指揮した野村克也・名誉監督のボヤキが聞こえてきそうな大味な攻めだった。

posted by warashibe at 06:59| Comment(0) | 岩隅久志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。
こだわりが強くても大丈夫。   「真剣に結婚したい!」      そんなあなたのためにユーブライドは応援します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。