2010年03月21日

オリックス金子投手の出来もよかったが、ブラウン監督の采配もまずかった??

昨日(3月20日)の試合は、金子投手に完封負けだったが、チャンスは何度かあった。

だけど、チャンスで後一本が出なかった。
楽天イ-グルス打線の貧打が目立った。

楽天 山崎選手が速球派のピッチャ-に弱い。
楽天 マー君のリベンジに期待するしかない!?



◆オリックス1─0楽天(20日・京セラドーム大阪) 初陣での完封負けにブラウン監督は「点を取れず残念。金子が素晴らしかった」と敵のエースをたたえるしかなかった。広島監督時代の開幕戦は3勝1分けと抜群の相性を誇っていたが想定していた投手戦で少ないチャンスを生かせなかった。

 初回先頭の聖沢が初球を叩いて中前安打。新生・楽天が幸先良い滑り出しを切ったかに見えたが、後続が倒れて先制点を奪えず流れを逸した。

 9回は先頭で代打の草野が左前安打で出塁するも、聖沢にはバントではなく「ビジターの試合なので一気に勝ち越したかった」と強攻策を指示したが、二ゴロ併殺打。エースの好投に報いることができず主砲の山崎も「岩隈に悪いことしたな」とガックリ。「あしたは田中が先発。また新しい日になる」と笑顔の指揮官の言葉にも元気がなかった。
posted by warashibe at 11:07| Comment(0) | ブラウン監督 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。
こだわりが強くても大丈夫。   「真剣に結婚したい!」      そんなあなたのためにユーブライドは応援します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。