2010年03月21日

田中 マー君の出来が良くなかったということだろう。敗因はいろいろあると思うけれど

3月21日の試合は、田中 マー君で試合を落として痛い2敗目となった。

今日は、マー君がピリッとしなかった。
カブレラに一発を浴びたのは仕方がないとしても、
リンデンの逆転3ランで勝ち越してもらったのに、また、
オリックスの山崎選手に打たれて失点して、8回に降板する
こととなった。



楽天のリリーフ陣は安定していないので、マー君に最後まで
投げさせてもらいたかった。

敗因はいろいろあると思うけれど、田中 マー君の出来が
良くなかったということだろう。



(パ・リーグ、オリックス5x−4楽天、2回戦、オリックス2勝、21日、京セラD大阪)楽天は1点リードの九回裏に後藤に一発を浴びて同点に追いつかれると、小山の暴投でオリックスにサヨナラ負けを喫し、開幕2連敗となった。先発の田中は7回2/3を投げて11安打3失点だった。


 田中は一回、先頭の坂口に安打を許すとカブレラの四球などで2死満塁とされるが、続くT−岡田を三振に仕留めてピンチを切り抜けた。

 オリックス移籍後、初登板初先発の木佐貫も一回に先頭の聖澤に二塁打を打たれたものの、三回まで無得点に抑える上々の立ち上がり。

 試合が動いたのは三回裏。赤田が右前打で出塁し2死一塁の場面で、4番カブレラが右翼スタンドに1号2ラン本塁打を放ってオリックスが2点を先制した。楽天は四回、2死一、二塁から中村紀が適時打で1点を返した。さらに六回、先頭打者・鉄平の左前打などで1死一、二塁の場面で、6番リンデンが逆転の1号3ラン本塁打を左翼スタンドに叩き込み、4−2と逆転に成功した。

 オリックスは八回、田口が二塁打で出塁し山崎浩の適時打で1点を返した。九回には3番後藤が福盛から1号ソロ本塁打を放って同点に追いつく。さらに2死からラロッカが二塁打で出塁し、満塁の場面で小山がまさかの暴投。オリックスがサヨナラ勝ちした。

 9年ぶりに米球界から古巣に復帰したオリックス・田口は「7番・レフト」で今季初出場を果たし、四回に田中から右前打を放つなど、4打数3安打と活躍した。


ジョニー黒木の魂のエース育成プログラムの評判、口コミ、評価
posted by warashibe at 20:32| Comment(0) | 田中将大 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。
こだわりが強くても大丈夫。   「真剣に結婚したい!」      そんなあなたのためにユーブライドは応援します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。