2010年03月23日

楽天名誉監督、野村克也氏のぼやきが球団を強くする???

野村監督のぼやきに選手が発奮して、成長するのか??
ぼやきで人気を集めていたが、ブラウン監督になってから
各個人の裁量にまかせたので、うまくいかなかったのか?







楽天がまさかの最下位スタートとなった。岩隈久志、田中将大、永井怜という強力な3本柱を擁しながらも、昨年、最下位のオリックスにいきなり3連敗を喫してしまったのだ。

 名誉監督、野村克也氏の術中にはまってしまったという気がしないでもない。

 というのも、パ・リーグの開幕前々日、新番組の会見で、野村氏が今季の順位予想を行ったのだが、注目の楽天の順位予想は、なんと5位。そして、また、その言い分が振るっていた。

「恨みが入ると6位だが、お世話になったということで5位にしましょう。昨年の2位は運がよかった」

 実に大人気ない。でも、おもしろい。自己否定といえばそうなのだが、本人はそんなことはまったく気にしていない。

 このコメントを聞いて、野村氏の人気の秘密が改めてわかったような気がする。口は悪いのだが、やはりどこかチャーミングというか、憎めないのだ。もはや、この「野村節」は一種の芸といってもいい。

ヤクルト時代も楽天時代も選手を腐して成長させたが……。
 だが、開幕前日、この順位予想に楽天のブラウン監督がかみついた。選手を集め、こう宣言したという。

「万が一、5位でシーズンが終わるようなことがあったら、オレはみんなの前で土下座する。みんなで予想をやっつけよう!」

 こんな光景、どこかでも見たような……。

 そうだ、ヤクルト時代も、楽天時代も、同じように選手を腐し、それに発憤した選手たちがチームの順位を押し上げていったのだ。

 ヤクルトでは、古田敦也、池山隆寛、広澤克実がその代表格だ。楽天でも、岩隈久志、田中将大、鉄平らがそうだった。

 もし野村氏がまだ監督だったら、きっとこの開幕カードは、ぼやきっぱなしだったことだろう。それがなかったからというわけでもないのだろうが、やけにすんなりと3連敗してしまったような印象が残る。

 野村氏は名監督か否か――。


彼氏がいる女の子をメロメロに惚れさせる!彼女略奪


道端で見かけた可愛い女の子から声をかけさせるロックオン法!


mixiで見つけたかわいい女の子をわずか27日間で落とす

posted by warashibe at 16:03| Comment(0) | 野村監督 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。
こだわりが強くても大丈夫。   「真剣に結婚したい!」      そんなあなたのためにユーブライドは応援します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。