2010年04月11日

岩隅投手、やっと1勝目!打線の援護に恵まれなかった!?


やっと、勝てたという感じでしたね。

オリックスには、4連敗で、昨年のお得意さん(オリックス銀行)から
今年は、楽天が鴨にされていたから。


エース岩隅も、4度目の登板で1勝目だから。
前回は悪かったが、1度目と2度目の登板は、味方が援護がなく
負けてしまった。

楽天イーグルスの得点能力は、1試合3点ぐらいのものじゃないだろうか?

相手チーム3点取られてしまうと、先発投手に勝ちが付かない??
そんな感じがする。

5点取られても、6点取られても、試合をひっくり返すほどの
打撃の破壊力がない!!

要は、ホームランがバッターいないということなんだろう!?

山崎武司も、期待されているほどの、本塁打や打点を稼ぎだして
いない。

山崎武司と中村紀洋で60発ぐらいはホ-ムランを打ってもらい
たいものだ。

そうすれば、ピッチャーも、のびのびと投げられるかもしれない???

◆楽天6─1オリックス(10日・Kスタ宮城) 楽天のエースがようやく今季初勝利を手にした。先発の岩隈が7回を投げ5安打1失点の好投。パ・リーグ開幕投手の中で最も遅い初白星を挙げた。

 まさにエースの登板にふさわしい内容だった。初回2死一塁から主砲・山崎の右翼線適時二塁打で先制すると、岩隈は4回2死まで無安打投球。3回の守備では無死から日高の二遊間へのライナーを遊撃・渡辺直が横っ跳びでダイレクトキャッチ。続く大引の打球を岩隈がグラブではじくと、ボールを拾った三塁の草野がすかさずランニングスロー。「クマはコントロールがいい。投げたボールの軌道から打球を推測して準備できる」と渡辺直。奪三振は2つながら、持ち味のテンポのいい投球が味方の好守を呼んだ。

 打線の援護なく敗れた開幕戦から3試合白星がなかった。「エースが勝たないと始まらない。何が何でもクマに勝ち星を付けて勢いを付けたい」と燃えた中村紀はこの日、猛打賞でもり立てた。

 「素直にうれしい」と安どの表情を見せた岩隈はお立ち台で「てっぺん目指して頑張りましょう!」と叫んだ。仙台の桜の開花はまもなく。新生・楽天が遅ればせながら本当のスタートを切った。

阪急交通社・阪急トラピックスの評判・口コミ


海外旅行はHIS(エイチ・アイ・エス)で行こう!



JTB 海外旅行ツアーの評判・評価




posted by warashibe at 11:46| Comment(0) | 岩隅久志2010年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。
こだわりが強くても大丈夫。   「真剣に結婚したい!」      そんなあなたのためにユーブライドは応援します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。