2010年04月14日

勝てる試合を落としていることはよくあると思う。

ブラウン監督の采配が悪いかどうかは、僕はよくわからないが、
勝てる試合を落としていることはよくあると思う。

まあ、3点以上、相手チームに点を取られると負ける??

という感じが強いように思える。

今日は、長谷部投手の先発だから、なぜか、長谷部投手は
点を取られても勝ってしまうツキに期待したい!



この采配で勝てという方が無理? 楽天は13日の西武戦(西武ドーム)に3−5で敗れ、今季初の3連勝ならず。昨年2位に躍進したチームは5位に低迷する。ブラウン新監督(47)からは信じられないサインが飛び出し、選手は大混乱。調子の悪かった西武先発の岸をアシストし、3勝目を献上した。

 選手もボー然となったのは2−2の2回、1死一、三塁の場面。ブラウン監督は、エンドランのサインを出すも、渡辺直は岸のカーブを空振りし、スタートを切っていた三塁走者の草野はアウトとなった。

 指揮官からのまさかのサインに選手は「キャンプから1度も練習していないサインが出た」、「オレの時ばかり変なサインが出る」と大混乱に陥り、ベンチ裏は騒然となっていた。

 ブラウン監督は「エンドランだったが、草野が飛び出してしまった」と説明したが、エンドランのサインなら走者がスタートを切るのは当たり前。チーム内からは「渡辺直の前の嶋が、1死一塁でエンドランを決めて、ブラウンはもう一丁と思ったようだ。選手は立場が弱いから、サインがおかしいと思っても何も言えないし、監督のサイン通りに動かないといけないですから」とあきれた声が飛び出す始末だ。

 もちろん西武は大助かり。潮崎投手コーチは「今日の岸はブルペンから調子が悪かったから、あのプレーは大きかったよ。あれエンドランなの? あれならスクイズでいいのに」と苦笑い。

 他にも中村紀が1回に先制2点二塁打を放つも、三塁を欲張りアウト。中村紀は6回にも左中間への打球で二塁でアウトになり、8回は1死から高須が二盗に失敗。

 西武の三塁コーチャーの河田コーチは「積極的な走塁はいいけど、初回のは余計だった。高須は打者が山崎だったし、どう考えても走らせる場面ではない。今日は策におぼれたという感じだった」と楽天の自爆だったとほくそ笑む。

 野村監督が指揮していた昨年までは10台近いテレビカメラが、試合前の楽天ベンチを取り囲んでいたが、この日は地元仙台の東北放送の1台だけ。注目度も下がり、ベンチからのサインもメチャクチャ。これでは選手の士気が上がらないのも無理はない。

視力回復 パーフェクトアイの評判 おうちでモリモリ視力アップ!

不眠を改善する方法の評判、口コミ  田中まり子

糖尿病と共に歩む会の評判 〜サラサラ・ブラッド〜 堀 京子 


強迫性障害・強迫神経症を自宅で克服する 病院や薬に頼らずに30日で





posted by warashibe at 17:40| Comment(0) | ブラウン監督 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。
こだわりが強くても大丈夫。   「真剣に結婚したい!」      そんなあなたのためにユーブライドは応援します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。