2010年04月16日

「ラズナーは出スナー」本当にその通りだ!

元野村監督の手腕が優れていたがどうかはわからないが、
ブラウン監督よりは良かったのだろう!?

打てない!守れない!で、試合にならない感じである。
今回の西武戦は裏ローテーションであったにしてもひどい!

せめて、3タテされるのは阻止しないといけないと思う!

「ラズナーは出スナー」本当にその通りだ!

試合を作れない!昨年は、もう少し良かったのにね!

野球は、ピッチャーが大切というが、
現在のロッテのように、打って、打って、打ちまくれば、
5点、6点取られても、勝ち投手になれるが、今の楽天イーグルでは、
3点取られたら、負け投手が確定的だな!


◆西武7―3楽天(15日・西武ドーム) ノムさんが、さっそくボヤいた。昨季まで指揮を執った野村名誉監督が、就任後初めて現場を視察。投打のかみ合わないお粗末な大敗に、「負けているから余計に、なんだろうけど。元気がないな。覇気がない。元気出せ!」と辛口でアドバイスした。

 評論家の仕事を兼ねて試合開始9分後に球場入りしたノムさんは、ネット裏からグラウンドに熱い視線を飛ばした。ところが、初回から先発のラズナーがセーフティーバントや盗塁などでかき回され、6回途中6失点。情けないKO劇に刺激されたのか、「ラズナーは出スナー」と昨年と同じネタで切り捨てた。

 昨年10月11日のソフトバンクとのレギュラーシーズン最終戦(Kスタ)後、島田オーナーから名誉監督就任を要請され、3月に正式就任。「大所高所から球団にアドバイスする」のが役割だが、目の前のミスにボヤキしか出ない。4、6回の失点も失策や野選絡み。「負けに不思議の負けなし」の“野村語録”を証明する試合を見せられた。

 “脱野村流”を掲げるブラウン監督は、皮肉なことに今季2度目の3連敗を見せてしまった。「野球の好きな方ですね。自分は(試合を)見ていただくことは、何とも思っていない」。平静を装ったが、開幕直前にテレビ番組で「5位」と順位予想した名誉監督と、最後まで言葉を交わさなかった。


朝の早い出発の海外旅行は少し大変だけど楽しい!?
屋上のスカイゲートでは耳が切れるほど寒かった!
搭乗間際に居眠りしてしまって受付の人に起こされた!
料理が予想外にうまかったので驚いた!!
posted by warashibe at 14:25| Comment(0) | 野村監督 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。
こだわりが強くても大丈夫。   「真剣に結婚したい!」      そんなあなたのためにユーブライドは応援します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。