2009年07月15日

まさか宮出選手が決勝の2ランホ―ムランを打つなんてことも全く予想できなかった。

昨日、7月14日のヒ―ロ―は、決勝点をたたき出した。
宮出選手だった。

昨日の試合は、ネットで観戦していたのだが、
7回を終わって、西武6点―楽天2点だったので
99%というか、100%負けるのじゃないかと
思った。

このところ、楽天打線が、さっぱり振るわなかったので、
2点差でも返すことが難しいと思ったからだ。


今日も、西武にいいようにやられた。

と思ったが、最後まで放送を見ていたら、

不審のセギノ―ルが同点の3ランホ―ムランを
打ったのには驚いた。

久々に感動したね!!

セギノ―ルが同点の3ランホ―ムランで、
試合の流れが、ぐっと楽天側に引き寄せる
ことができた。

まさか、宮出選手が決勝の2ランホ―ムランを打つ
なんてことも、全く予想できなかった。

野球は、ドラマだね!?


ノムさん脱帽!宮出9回代打V弾…楽天
2009年7月15日(水) 8時0分 スポーツ報知

 ◆西武6─8楽天(14日・西武ドーム) 高く舞い上がった打球が、予想を超えて飛距離を伸ばしていく。徐々に大きくなったスタンドのざわめきは、歓声と悲鳴に変わった。右翼ポール際に打球が吸い込まれると、楽天・宮出が力強く右拳を突き上げる。同点の9回2死二塁。代打で登場した男の移籍第1号が、チームに今季初の4点差逆転勝利をもたらした。

 楽天のユニホームで受ける初のヒーローインタビュー。「いい場面でなかなか打てなくて、打ててよかったです」と最高の笑顔を見せた。打撃を買われ、開幕直前に一場とのトレードで楽天入り。しかし、結果を出せず2度の2軍落ちも経験した。「移籍してから、いいところを見せようとりきんでいた。その場面に集中して、自分の力を出そうと思った。やっと仕事らしい仕事ができた」と充実感をにじませた。

 試合前、「でかいだけで何の役にも立たん」と酷評した野村監督も「取り消すわ。失言の多い監督だから、その辺は大目に見てくれ。俺のジョークはきついから」と上機嫌。再び上昇気流に乗れそうな大きな1勝を手にした。

posted by warashibe at 11:33| Comment(0) | 宮出 隆自 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。
こだわりが強くても大丈夫。   「真剣に結婚したい!」      そんなあなたのためにユーブライドは応援します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。