2010年03月21日

オリックス金子投手の出来が良すぎたと褒めるべきか、楽天の各打者が打てなさ過ぎたというべきか?

昨日(3月20日)から、2010年のパリーグ公式戦が始まった。

昨日は、開幕戦ということで、各球団のエースピッチャーが登板が
登板して見ごたえがある試合だった。

大方の予想通り、投手戦だったが、日本ハムのダルビッシュの
5失点が予想外だった。

それと、西武対ロッテ戦の、涌井・成瀬の投げあいは、少し予想外
だった。

ロッテの成瀬投手は、オープン戦の防御率が、相当悪かった。
ちょっと覚えがないけれど、7点台ぐらいだったと思う?

オープン戦の成績は、3試合で15失点だった。

西村監督が、オープン戦の成績は不安だけど、成瀬に任せる。
と言っていたように思う。

成瀬投手は、昨日の試合は確か三安打しか打たれてないと思うが、
そのうち2本が本塁打だった。

すばらしい好投だったが、失投はブラウンに投げた1球だけだったから
相当に悔やまれるだろう。

我らの楽天イーグルスの試合は、オリックス金子投手の前に「赤子の手を捻る?」
のごとく、手も足も出なかった。


金子投手は、去年も良い活躍をしたが、今年は去年以上に出来が
良いらしい。

金子の出来が良すぎたと褒めるべきか、楽天の各打者が打てなさ
過ぎたというべきか?

楽天の岩隅投手は8回1失点なので、勝ち投手に価する
ピッチングだったと思う。

本日、3月21日は、マー君の先発登板だ!
昨日の借りを、きっちり返すような投球を望みたい!!



○オリックス1−0楽天●(20日・京セラドーム)

 普段はクールな男が思わず拳を握り、グラブをたたいて喜んだ。

 九回無死一塁で、楽天・聖沢を二ゴロ併殺に仕留めた場面。オリックス・金子は次打者も打ち取り、岩隈とのエース対決を制した。「出来過ぎです」。表情には充実感がにじんだ。

 最大の危機は七回1死二塁。1点リードだったが、4番・山崎を打席に迎えた。だが、この日の好投を支えた内外角の制球力がこの場面でも生きた。フルカウントまで外角に5球、内角に2球投げたが、コントロールミスはなし。ここでマウンドに歩み寄った捕手・日高に投げたい球種を聞かれた。「チェンジアップです」。自信を持って、最後は空振り三振に仕留めた。

 山崎が振り返る。「力の金子というイメージだったが、変化球が(打つのに)無理そうなところに来ていた」。それが多彩だから、一層手を焼いた。

 この打席で投げただけでも、シュート、チェンジアップ、スライダー、フォーク、カットボール……。「金子はチェンジアップだけでも抜いたり、速くしたりできる」と日高。器用さと制球力を融合させ、球数は106で無四球。「早いカウントで打たせて取ることができた」と打者心理を巧みに操った。

 不安が残る救援陣にマウンドを渡さぬまま、球団では00年の小林以来となる開幕戦完封勝利。大砲頼みの昨季と異なり、今季目指すのは投手中心の野球であり、まずは理想的な形での白星発進となった。【新井隆一】

 ○…楽天は強攻策が裏目に出た。四回無死一塁で鉄平を打たせたが中飛に倒れ、続く山崎が併殺打。ブラウン監督は「鉄平は昨季の首位打者だし、その能力にかけた。一、三塁の状況を作りたかった」。欲張ったがために同点機をフイにした。九回無死一塁でも聖沢を打たせて二ゴロ併殺。こちらは「勝ち(逆転)を狙いにいった」ために同点の走者まで失った。昨季まで緻密(ちみつ)な戦術で指揮した野村克也・名誉監督のボヤキが聞こえてきそうな大味な攻めだった。

posted by warashibe at 06:59| Comment(0) | 岩隅久志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

楽天が5連勝!! 本当に奇跡的というような勝利だった!!

楽天が5連勝!!
本当に奇跡的というような勝利だった!!

9回裏が始まるまで、1点差とは言えども、
エース涌井が立ちはかどっていて、点が取れそうな
雰囲気がなかった。

先週の楽天対西武戦と同じような戦いだったが、
このまま、西武が逃げ切って、涌井に14勝目が
入ると思われたが、代打、憲史の同点タイムリ-に
プラスして、リンデンのサヨナラヒットで
逆転勝ちを収めた!!

まあ、前回、10回を投げ抜き、今回の9回を
完投した岩隅の力投が勝利を呼び込んだものだと
思う。

やはり、今の楽天には、つきがある。

これで、西武に、4差をつけて、もし、2日の試合にも
勝てば、クライマックスシリーズ進出のマジックが
出る!

4差の西武よりも、2位のソフトバンクに、3差と
迫り、2位を狙える位置まで上がってきた。

今日は、永井投手の登板予定だが、前回と、前々回の
登板では、2試合で、わずか1点しか取られていない。


そんな投球を、今日も、することができるのだろうか??

楽天逆転サヨナラ!ノムさん「何か起こる」
2009年9月2日(水) 7時52分 サンケイスポーツ


 (パ・リーグ、楽天3x−2西武、17回戦、楽天9勝8敗、1日、Kスタ宮城)悲願に向けて一歩前進だ!! パ・リーグ3位の楽天は1日、Kスタ宮城でクライマックスシリーズ(CS)進出を争う4位・西武に3−2で逆転サヨナラ勝ち。野村克也監督(74)の代打策がズバリと決まり、ゲーム差を「4」に広げた。5連勝でムードはイケイケ。2日も勝って、球団史上初のCS進出マジック「27」を点灯させる。


 歓喜のバンザイが、雨上がりのKスタ宮城にこだました。サヨナラだ。ミラクルだ。1点を追う九回に涌井を攻略。4位の西武を直接対決で突き放す、大きな1勝だ。

 「エルニーニョ、エルニーニョ。やっぱりことしは何か起きるぞ。よう勝ったなあ」

 劇的勝利に表情がゆるむ野村監督。93年にヤクルトで日本一になるなど、エルニーニョ現象が起こった年は強いというゲン担ぎを引っ張り出した。ミラクルは、もちろんゲンだけじゃない。勝利をもたらしたのは、指揮官の“勝負心”だ。

 九回一死二塁の同点のチャンス。「代打は高須か憲史かでコーチと意見がわかれた」。コーチ陣は高須を推したが、野村監督は憲史を決断した。その憲史が初球のカーブを右翼線に弾き返しておぜん立てし、リンデンが中前にサヨナラ適時打。指揮官の読みがズバリ的中した。

 これまでは、他のチームをうらやむばかりだったノムさん。日本ハムが3点差から西武に逆転サヨナラ勝ちした試合(8月16日)をテレビ観戦し「優勝するチームには、こういう試合があるんだよな」ともらしたこともあったが、今や神懸かり的な強さは楽天にある。

 5連勝で西武に4ゲーム差。2日も勝てば、CS進出へのマジック27が点灯する。CSマジックの点灯は、もちろん球団創設5年目で初。常に目標だったCS進出が、ついに現実となる。

 「(島田)社長、フロントは困っているやろ。今になっても『来年も』という話はないし、そういうこと(今季限り)なんだろうけどな」

 1年契約を結んだ昨秋から「なんとか球団を困らせてやる」と言い続けてきたノムさん。去就問題はスッキリしないが、2位ソフトバンクにも3ゲーム差。もはやその執念で上さえも脅かし、CS圏内を確実なものにする。

お見合い情報ガイド



お見合いのときに使う身上書とは?


お見合い当日のマナ―について



お見合いパーティーに着ていく女性の服装


お見合いパーティーに男性が着ていく服装


お見合いパブとは何か?


お見合い写真を撮る技術は格段に進歩


お見合い写真のワンポイントアドバイス


犬(ワンちゃん)のお見合いについて


お見合いパーティーとは?


お見合いパーティー申込の流れとは?



関西でのお見合いパーティーならフィオーレ


posted by warashibe at 16:13| Comment(0) | 岩隅久志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

岩隈と涌井の投げ合い!! 勢いは、楽天の方に分がありそうだが、

岩隈と涌井の投げ合い!!

先週と同じく、本日、9月1日の楽天対西武戦は、
岩隈と涌井の投げ合いとなる。

勢いは、楽天の方に分がありそうだが、
涌井も、エースの意地を見せるだろう!

今日も、見逃せない、エース対決だ!!

この試合を制する方が、3位の座をもぎ取って、
クライマックスシリーズ進出を決める大切な
試合になるだろう!

西武には、後がないので、3連勝を狙ってくる
だろうが、楽天としては、最低でも2勝1敗で
ないと、3位が危なくなる。

もしも、3連敗することになれば、一気に
差を詰められてしまう。

西武戦は、岩隅、永井、田中の楽天の3枚看板で
望むはずだ!?

この3連戦は、負けられない!!


岩隈が涌井に投げ勝ち「楽天3位」を守る!
2009年9月1日(火) 7時2分 スポーツニッポン

 楽天はロッテ戦が雨天中止となり新幹線で仙台に移動。1日の西武戦で2週続けて涌井と投げ合う岩隈は、Kスタ宮城室内練習場でキャッチボールなど軽めの調整を行った。前回、延長戦の末、チームがサヨナラ負けした借りを返したい岩隈は「今度はホームだし、ホームの方がやっぱり有利」と気合十分。3ゲーム差で追われる3位死守には「ここで勝って一気に差を広げたい」とエースらしく先手必勝を誓った。



楽天、西武に2勝でCSマジック27点灯
2009年9月1日(火) 7時51分 サンケイスポーツ

 ロッテ戦(千葉マリン)が台風のため中止となり、楽天ナインは31日、仙台へ移動。1日からの西武3連戦に備え、先発投手陣が調整した。初戦を任される岩隈は「ホームの利を生かしたい。初戦を取って、この3連戦で西武を突き放したいですね」と気合十分。3連戦に2勝した時点で、クライマックスシリーズ進出マジック27が点灯する。


蘇州観光は午後4時前に終わりホテルに向かった!

中国・蘇州からでもネットに接続できて日本のHPが見れたことは感激でした!!

蘇州の名物料理である松鼠桂魚を食べた覚えがなかった??


ホテル(蘇州)での朝食バイキングはなかなかよかった!!


留園では随所に見られる太湖石が見事で江南庭園の名作である


蘇州の刺繍研究所で芸術鑑賞とショッピングをしたが高くて買えなかった??


同里(どうり)では電動カ―トに乗って街のレストランに行った。


同里(どうり)の昼食は料理の種類も量も少なかった!

 
posted by warashibe at 11:26| Comment(0) | 岩隅久志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

楽天・岩隅と西武・涌井のエ―ス対決は互角だった。 しかし、試合は、楽天のサヨナラ負けだった。

楽天・岩隅と西武・涌井のエ―ス対決は互角だった。

しかし、試合は、楽天のサヨナラ負けだった。

最近の楽天は、運にも恵まれていたが、昨日(8月25日)の
試合には、ツキがなかった。

10回まで好投した岩隅投手に勝ち越し点が取れなかったのが
残念だが、エ―ス級の投手からは、そうそう点は取れない。

先日の、オリックスの金子投手からも、1点も取れずに
完封負けを喫したばかりだ。

まあ、負けたものは仕方がないので、連敗を阻止して、
2勝1敗のペ―スで勝ち数が上回れば、カライマックス
シリ-ズ進出は可能になる。

首位の日本ハムは、6連敗と失速したままなので、
ここで、連勝ができれば、日本ハムとの差も
縮めることができる。

何よりも、目下の敵は、西武で、今日、明日と連勝しないと
3位の座を取り戻せない!!

今日、26日は、永井投手の登板予定だが、今日は
しっかり抑えてくれるのだろうか??

明日、27日は、田中マ-君が登板するのだろうか??




西武・涌井Vs楽天・岩隈、結果“ドロー”
2009年8月26日(水) 7時52分 サンケイスポーツ




 (パ・リーグ、西武3x−2楽天、14回戦、西武8勝6敗、25日、西武ドーム)エースの意地が激突だ!! 0.5ゲーム差でAクラスを争う西武−楽天14回戦(西武ドーム)は25日、涌井秀章投手(23)が9回162球を投げて2失点なら、岩隈久志投手(28)も10回149球2失点と一歩も譲らない投手戦を展開。投げ合いでは決着がつかず、最後は延長十一回に後藤武敏外野手(29)のサヨナラ本塁打で西武が3−2で勝利、3位に浮上した。

   死力を尽くしたガチンコ勝負は、ともに2失点で“ドロー”となった。

 「きょうは負けられない試合。相手もいい投手だったのでこういう展開になるのは分かっていた」と岩隈。涌井も「きん差の展開になるとは思っていました」と激しい投手戦は想定していた。

 先制を許したのは涌井。「このまま0−1で終わるかと思った」と覚悟を決めたが、結局9回まで楽天打線をわずか4安打。九回は2三振でマウンドを降りた。すると岩隈は、その裏の西武の攻撃を12球で三者凡退に。さらに「一番大事な試合だから」と、十回もマウンドへ上がった。

 3月のWBCでは岩隈がフォーク、涌井がスライダーの握り方を教え合うなど、兄弟のように親交のある両雄。しかし、ひとたびマウンドに上がればライバルだ。この日もイニングの合間に視線を合わせることは一切なかった。

 被安打では涌井が4で岩隈が9だったが、奪三振は岩隈の10に対して涌井は8。サヨナラ本塁打で試合は西武が勝利したものの、エース対決の決着は先送りになった。試合後、涌井は「岩隈さん、相変わらずフォークがよく落ちましたね」と健闘をたたえるメールを送ったという。

 「岩隈くんも気持ちが入っているのがわかった。来週も楽しみだね」と渡辺監督。9月1日から、舞台を仙台に移して再び両軍が激突。予定通りなら、1戦目で再び涌井と岩隈が火花を散らすことになる。Aクラスキップを手にするその日まで、エース同士の死闘は続いていく。

インフルエンザに罹って実際に役立ったものとは?

季節性インフルエンザの主な感染ルートは飛沫感染と接触感染がある。


新型インフルエンザに対する正しいマスクの知識とは?

無錫で四川料理?日本人の口に合うように作られた四川料理はうまかった!


寒山寺では写真がうまく撮れなくてピンボケの写真が多かった!
posted by warashibe at 11:06| Comment(0) | 岩隅久志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

岩隅投手の完投と、打線の復調が大きいだろう!

岩隅投手の完投と、打線の復調が大きいだろう!

岩隅も完全復調と見てよい働きだ!本来の投球に戻ってきている。
長いこと勝てなかった、マ―君も勝てるようになって来たし。

まあ、打線の復調の方が大きいと思う。

山崎武司の一試合2発のホ―ムランで6点差をひっくり返す
ような勢いが出てし、
昨日、8月18日には、セギノ―ルにも、一試合2発の
ホ―ムランが出て、打線に勢いが出てきた。

やはり、ピストルだけでは、試合に勝てない!

大砲が必要だ!!

楽天は、パ・リ―グでは、一番、本塁打が少ない!!

投打がかみ合って来たので、連勝も不思議ではなくなってきた。
だけど、本日(8月19日)は、日本ハム戦が中止になったね!

試合をやって欲しかったが、残念だった。

岩隈完投10勝目!楽天1毛差で3位浮上!
8月19日7時2分配信 スポニチアネックス


拡大写真
<日・楽>試合後、岩隈久志と握手をかわす野村克也監督(左)
 【楽天6−3日本ハム】やったぜノムさん、Aクラスだ――。楽天は18日、岩隈久志投手(28)の好投で首位の日本ハム相手に快勝して4連勝。8月に限ればリーグ首位タイの勝率を誇るチームは、ナイターで引き分けた西武と勝率1毛差で3位に浮上した。今季限りで退団が既定路線だった野村克也監督(74)だが、日本一を条件とした続投の可能性が急浮上したばかり。悲願の頂点へ、CS進出をはっきりと視界にとらえた。

 この勢いは本物だ。打線が序盤に大量点を挙げて、エースが完投。北の大地・旭川で首位の日本ハムを一蹴して、今月2度目の4連勝で7月1日以来の借金1とした。

 「まだあるの?その借金より7月の8連敗を取り返したい。だからあと4つ、勝たにゃいかん」

 野村監督の口からは破竹の8連勝宣言まで飛び出した。それだけチームに手応えを感じている。初回に先制されてもすぐ逆転。3回は4安打を集中して3点追加。相手を下回る8安打でもしっかり白星に結びつけた。

 後半戦は11勝6敗。6、7月に勝てなかった2枚看板の田中と岩隈が完全復調。藤原ら新戦力も台頭して先発陣が落ち着きを取り戻した。8月のチーム防御率はリーグトップの3・11。日替わりだった捕手を嶋に一本化したのも大きい。これまでリード面について“説教”ばかりだった愛弟子を最近は褒めることが多い。安定したバッテリーがチーム力を底上げしている。さらに途中加入のリンデンが1番に定着。リーグ打率トップの3番・鉄平から勝負強い山崎武と、打線につながりが出てきた。

 今季限りで退団が既定路線だった野村監督だが球団幹部が「CSに出て日本一なら監督を代えられない」としていることが判明した。“日本一”という続投条件を聞いた野村監督は「結果で判断というのは失礼。本来、能力で判断されるべきもの。オレはへそ曲がりだから、日本一になったら逆にケツまくってやる」とプライドをにじませたが、4年間育ててきたチームへの愛情は深い。「3位とかそういうチームじゃない。下降線はあっても上昇線はないよ。現状維持が精いっぱい」と厳しい言葉も愛情の裏返しからだ。

 「次期監督候補は10人もいるらしい。古田も残ってるらしいな」と野村監督は笑った。3位浮上で見え始めた逆転残留への可能性。そして可愛いチームの悲願のCS進出。すべてをかなえるために、信念のタクトは激しさを増す。

 ≪岩隈111球完投勝利!≫岩隈が111球で10安打3失点完投。後半戦に入って4戦4勝で3完投とフル回転の右腕は「チームも連勝していたので流れを変えたくなかった」と笑顔で汗をぬぐった。3回、失点してなお1死一、二塁から狙って二ゴロ併殺で仕留めて勢いに乗った。「こういう時に完投してくれるとありがたい」と野村監督も頼れるエースの仕事を称えた。



お見合いパブとは何か?


お見合い写真を撮る技術は格段に進歩


お見合い写真のワンポイントアドバイス


posted by warashibe at 11:30| Comment(0) | 岩隅久志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

好調さを取り戻した、岩隅投手が、どこまで 強力な日本ハム打線を抑えることができるのか?


今日(18日)から、日本ハムとの3連戦だ!

ここで、日本ハムを3つ叩きたいところだ!
楽天が日本ハムを3つたたければ、独走体制の
日本ハムと2位以下の差をつめることになり、
パリ―グの野球が面白くなる。

好調さを取り戻した、岩隅投手が、どこまで
強力な日本ハム打線を抑えることができるのか?

3点以内に抑えれば、勝機も見えてくるだろう!?

今日も、山崎選手が活躍してくれるのかな?

そろそろ、セギノ―ルも復活してくれないかな?


セギノ―ルが本調子になれば、打線に厚みが出てくるのだが?

守るだけでは勝てないので、打つ方が、もう少しよくなって
くれば、Aクラスから優勝を狙えるのだが?

ノムさんAクラス復帰へ「首位イジメや」
2009年8月18日(火) 7時53分 サンケイスポーツ


(写真:サンケイスポーツ)


 楽天は、18日から首位・日本ハムとの3連戦(18日、19日旭川、20日札幌ドーム)に臨む。現在、3位西武に0.5ゲーム差と迫り、7月3日以来のAクラス復帰も目前。初戦にエース岩隈久志投手(28)を投入する野村克也監督(74)も、先手必勝で「首位イジメ」をもくろんでいる。

 

 首位と4位の対決でも、敵地に向かう楽天ナインには首位攻防戦のような緊張感が漂っていた。3位の西武に0.5ゲーム差。首位をたたきAクラス復帰を狙う。

 「せっかく調子がいいときに、日本ハムと当たるとはね」。相手は9カード連続勝ち越しで盤石の強さを見せるだけに、野村監督は控えめ。しかし、勢いは楽天も負けていない。前カードでロッテに3連勝。16日は球団タイ記録の6点差逆転勝ち。ムードは最高潮だ。

 先手必勝。初戦は後半戦3連勝中の岩隈で勝ちに行く。この日、旭川への移動前にKスタ宮城で調整。「チームの流れを止めたくない。ハムの調子もいいけど、しっかり投げます」と闘志を燃やした。完全復活したいまなら、好調な打線も恐れることはない。

 「首位いじめをしないとな。まあ、日本ハムは3つ負けても余裕だろうけど」と不敵な笑みを浮かべるノムさん。現在は借金2で、3連勝なら6月28日以来の貯金生活も夢ではない。今季の対戦成績は7勝8敗と互角。北の大地で、パ・リーグの今後を占う熱戦が繰り広げられる。


お見合い情報ガイド



お見合いのときに使う身上書とは?


お見合い当日のマナ―について



お見合いパーティーに着ていく女性の服装


お見合いパーティーに男性が着ていく服装

posted by warashibe at 11:52| Comment(0) | 岩隅久志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

やはり、エ―スの登板の試合で勝たないことには上昇軌道には乗っていけない!

岩隈、連続完投で完全復活か??

やはり、エ―スの登板の試合で勝たないことには
上昇軌道には乗っていけない!

安定したピッチングで、見ていても安心だったが、
やはり打線の援護が大きかったと思う。

田中マ―君の登板のときは、なぜか、打線の
援護に恵まれない。

打線頼みと言うのも、みっともないが、
味方が1点ぐらいしか取ってくれないのでは、
ちょっとしたミスで勝利が逃げてしまう。

5点も取ってくれれば、思い切っていこうと
いう気になるが、1点だと、守りの姿勢に入って、
そこを狙われることになる。


まあ、今度は、マ―君の完投勝利を見てみたいものだ!!


岩隈、連続完投で8勝目!楽天、連敗ストップ
2009年8月4日(火) 21時46分 サンケイスポーツ


オリックス戦に先発した楽天・岩隈。連続完投で今季8勝目を挙げた(写真:サンケイスポーツ)


 (パ・リーグ、オリックス2−5楽天、11回戦、楽天7勝3敗1分、4日、スカイマーク)楽天は復活したエース・岩隈がオリックス打線を2失点に抑え完投勝利。今季8勝目を挙げ、チームの連敗を「3」でストップさせた。


 前日3日に近畿地方が梅雨明けした。敵地でオリックスとの3連戦に臨む楽天。3連敗中とあって、こちらもカラッと快勝で“梅雨明け”したいところだ。連敗ストップは岩隈に託された。

 「連敗しているので、最初(初戦)を取ってチームが乗っていけたらいいですね」

 一時は調子を落とし、勝ち星から遠ざかっていたが、前回登板となった7月28日の西武戦で約1カ月ぶりとなる白星。エース復活をアピールした。この日は立ち上がりの一回、先頭打者への四球から1点を失ったが、その後は安定した内容。両コーナーを丁寧に突き、安打は許すものの、スコアボードに「0」を続けた。

 テンポのよい岩隈のピッチングに乗せられるように、打線も奮起した。三回にタイムリー失策で同点に追いつき、なおも一死一、三塁で鉄平が勝ち越しの中前適時打。自身の連続試合安打を「20」に伸ばした。

 「良い場面で、いい打ち方ができました」

 連続試合安打について質問が及ぶと、近くにいた岩隈が「“ここから全試合で打ちます”でいいだろ?」と横ヤリ。「無理ですよ!! あくまでも一つの結果です」と鉄平は慌てたが、ベンチ内には連敗中とは思えない和やかな空気が流れた。四回にはリックのソロ、五回にも1点を加え、岩隈を援護した。

 「今は楽天が一番弱いチーム。他にも最下位のチームを(監督として)見たけど、楽天が一番弱いな」。試合前には例によってこうボヤいていた野村監督だが、シーズンは長い。浮上する時間は十分にある。

 試合は結局、リックの本塁打などでオリックスから5点を奪った楽天が5−2で快勝。エース・岩隈が完全復活で、連敗を「3」で止めた。






【野球】ピッチング・スピードアップ!プログラム

posted by warashibe at 09:41| Comment(0) | 岩隅久志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。
こだわりが強くても大丈夫。   「真剣に結婚したい!」      そんなあなたのためにユーブライドは応援します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。