2009年08月23日

藤原の誤算とオリックス金子にひねられた!

楽天投手陣は選手層が薄いので楽々と連勝は難しいだろう!

オリックス相手に大量失点にプラス完封負けとは情けない!!
まあ、昨日(8月22日)の試合は、藤原の誤算が大きかったと思う。

前回のオリックス相手の登板で、準完全試合をやってのけた
ので、今回も行ける!?

と思ったのが甘かっただろう。

相手は、腐っても(?)プロ野球集団だ。

同じ相手に、なめられた投球はさせない!
プロの意地がある。

まあ、藤原が並みのピッチャ―だから、簡単に勝たせては
くれないのだろう。

前回は、出来すぎだったのだろう。

野村監督の言葉が、それを物語っている。

岩隅と田中の登板日には勝ちを計算するが、
後は、おまけとしか見ていない。

永井が大きなおまけであった。(うれしい誤算?)

だけど、その後に続くピッチャーがいない。

今日は、長谷部の登板予定だが、長谷部が抜け出る
だろうか??

元、楽天期待の一場投手は、楽天首脳陣の期待を
裏切って、横浜にトレ-ドされたが、
そこでも横浜の期待を裏切って、2軍落ちした。

潜在能力が高くても、活躍できない運の悪さを
持っているのだろうか??

楽天は放出して正解だったかも??


相手、オリックスの金子投手は、オリックスの
NO.1投手だ。

球の速さはダルビッシュ並み。
制球力のよさは、ダルビッシュ以上。

何で、6敗もしているのか不思議なほど。

だけど、せめて1点ぐらいでも取りたかった。

完封負けとは情けない。


【少年野球〜社会人野球】 ジョニー黒木の魂のエース育成プログラム



「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト


楽天7連勝ならず…“準完全試合”男が5失点KO
2009年8月22日(土) 21時40分 サンケイスポーツ



 (パ・リーグ、楽天0−10オリックス、15回戦、楽天11勝3敗1分、22日、Kスタ宮城)楽天は先発の藤原が序盤に5失点。八回、九回にもリリーフ陣が5点を奪われ計10失点。打線もオリックス先発の金子の前に沈黙し、完封負け。楽天の連勝は「6」でストップした。



 あごの先からポタリ、と大粒の汗が落ちる。自身3連勝をかけてマウンドに上がったルーキー藤原(NTT西日本出)が、四回途中5失点でKO。6連勝中のチームの波に乗れなかった。

 立ち上がりから不安定だった。一回、先頭の坂口に2球目を中前打、続く阿部には初球を左翼線へ適時二塁打。わずか3球で先制されると、さらに1点を失った。

 二回からはカーブを有効に使い、立ち直りの兆しを見せたが、四回に自滅する。一死後、大引、岡田、前田の下位打線にまさかの3者連続四球。好調の上位打線にこの走者を一掃され、野村監督も我慢の限界だ。

 オリックスは、5日の京セラドームで打者27人1安打完封の“準完全試合”を成し遂げた相手。本来なら登板予定だった19日の日本ハム戦が中止となり、相性も考慮してこの試合に照準を切り替えたが、見事にリベンジされた。

 「おれの考え方としては、岩隈と田中のときはきっちり勝って、その他でオマケがついてくれればいい」と野村監督は話す。前半戦は永井が7勝(現在8勝)という大きなオマケをもたらした。後半戦は永井に加えて本領を発揮してきた藤原にも期待するところが大きかっただけに、この内容ではショックが大きい。

無錫・三国城の奥の方にも見所は一杯あってカ―トで移動した!



無錫のガイドさんは中国的美人の方でした!!



無錫・三国城内でお殿様気分の写真撮影??美女に囲まれてにっこり??




無錫の淡水パ―ルはカラス貝を使って1つの貝で30個もの真珠が取れる!?




posted by warashibe at 11:32| Comment(0) | 藤原紘通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

新人・藤原が大仕事を達成した!! ほぼ完全試合をやってのけた。


新人・藤原が大仕事を達成した!!

ほぼ完全試合をやってのけた。

本来は直球の切れとスライダーで勝負する本格派の
投手でありながら、超スロ―カ―ブで、打者のタイミングを
はずす投球で、準完全試合とは!!

やっぱり、人と同じでは、だめなんだな!

球が速くても並みの速さでは打たれてしまうので、
人と違う投球ができれば、打者はとても打ちにくい
のだろう?

7月8日のロッテ戦でも7回1死まで無安打投球を演じた
ということは知らなかった。

でも、野村監督も、だめな選手には、ぼろくそに言うもんだね!

>7月1日の日本ハム戦で右手首に打球を受け2回途中6失点で降板す>ると、野村監督から「投げ方が気に食わねぇ。打者が合わせやすい。>もう先発させられない。(利き腕の)左手に当たりゃいいのに」と辛>らつなダメ出しを食らった。



【野球】ベスト・ピッチング!プログラム



ノムさんも大喜び!新人左腕プロ初勝利は27人斬り!
8月6日7時3分配信 スポニチアネックス


 【楽天8―0オリックス】遅れてきたルーキーが大仕事をやってのけた。楽天・藤原紘通(ふじわら・ひろみち)投手(24)は5日、オリックス12回戦(京セラドーム)に先発。9回1安打、打者27人で仕留める準完全試合でプロ初勝利を挙げた。新人でプロ1勝目を準完全試合で飾ったのは史上初の快挙。楽天は4日の岩隈に続き2試合連続完投での連勝となり、野村監督に新たな“孝行息子”が現れた。

 最高の1日を締めくくるべく、投じたのは99キロの超スローカーブだった。27人目の打者・辻を右飛に仕留め、ようやく藤原から笑みが漏れた。1安打無四球完封。24歳の新人左腕が準完全試合で待望のプロ初勝利を挙げた。

 「長かったです。何度もチャンスをもらいながら…。本当にうれしい。早めに1本打ってもらって逆に良かった」。5回先頭のローズに右越え安打されたが、次打者を併殺に仕留めた。プロ8試合目、先発は7月14日以来5試合目。登板前まで0勝3敗、防御率6・35だった男が光輝いた。

 110キロ前後の普通のカーブより遅い、最遅93キロのスローカーブを駆使した。本来は直球の切れとスライダーで勝負する本格派。この日も「試合前は直球主体で、とバッテリーで話してました」。ところが、5回に初めて99キロのカーブを投げると面白いように相手打者のタイミングが外れた。そこからは90キロ台を6球も。三振は2個。早打ちを誘いわずか98球、2時間34分で料理した。

 即戦力と期待されながら、キャンプ中に左肩炎症で離脱し開幕2軍。7月1日の日本ハム戦で右手首に打球を受け2回途中6失点で降板すると、野村監督から「投げ方が気に食わねぇ。打者が合わせやすい。もう先発させられない。(利き腕の)左手に当たりゃいいのに」と辛らつなダメ出しを食らった。そこからは連日のシャドー投球を続け、腕の振りを確認。7月8日のロッテ戦では7回1死まで無安打投球を演じた。



posted by warashibe at 09:39| Comment(0) | 藤原紘通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。
こだわりが強くても大丈夫。   「真剣に結婚したい!」      そんなあなたのためにユーブライドは応援します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。