2010年03月22日

あーあ!!楽天 開幕3連敗!今年はオリックスにリベンジされる番!?

一昨日(20日)、昨日(21日)とエース岩隅と田中で連敗して
いたので、嫌な予感がしていたのだが、まさかの開幕3連敗と
なってしまった。
それも、3日間とも1点差負けとは!!
昨年は、楽天がオリックスをカモにしていたのに、今年は
お返しをされる番なのだろうか?それは避けなければならない!



(パ・リーグ、オリックス5−4楽天、3回戦、オリックス3勝、22日、スカイマーク)悪夢の開幕3連敗−。 楽天はオリックスに逆転負けを喫し、2008年シーズン以来の開幕3連敗となった。対する岡田オリックスは投打が噛み合い開幕3連勝となった。


 岩隈久志投手(28)、田中将大投手(21)で開幕2連敗中の楽天は永井怜投手(25)が先発。打線は初回にオリックス先発の山本を攻め2本の二塁打で2点を奪い先制。しかし、永井がその裏に立ち上がりの制球が定まらずT−岡田の適時打などで2点を奪われてしまった。

 昨日からの“負の連鎖”か二回から五回までノーヒットピッチングを繰り広げていた先発永井が、六回に4番ラロッカに手痛い一発。2点本塁打で逆転を許すと、八回にもカブレラに一発を浴びた。楽天は九回にオリックス2番手の岸田から1点を奪ったが、及ばず開幕3連敗となった。

 楽天は2008年以来の開幕3連敗に。エース岩隈を擁した開幕戦は金子の前に無得点。昨日の第2戦は田中が熱投を見せるが、抑えの小山がまさかのサヨナラ暴投。「完封負け」→「サヨナラ負け」→「逆転負け」とブラウン新監督には厳しい開幕3連戦となってしまった。

posted by warashibe at 20:30| Comment(0) | 永井 怜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

永井に続投させればよかったのに・・・。 昨日の負けは後味が悪い〜監督の采配負け!

昨日の負けは後味が悪い〜監督の采配負け!
永井に続投させればよかったのに・・・。

永井も、さぞ不満だったと思う。
10勝目が、手にとどくところにあったのに
残念だった。


野村監督は、永井のことを信頼していないので、
あの継投で乗り切ろうとした。

まあ、運もあるので、継投が悪いわけじゃないが。

西武も、やすやすと負けるわけには行かないだろう。

それにしても、山崎武司の本塁打量産は凄いね!

おかわり君が休んでいるうちに、とうとう
4本差まで、迫ってきた。

おかわり君の復帰が遅くなれば、奇跡の本塁打王に
なれる可能性も出てきたね!!


今日は是が非でもマー君に勝利を託し、
守備打線の援護をお願い!頑張れ楽天!!

楽天、球団史上初のCSマジック点灯ならず…
2009年9月2日(水) 21時27分 サンケイスポーツ


(パ・リーグ、楽天3−7西武、18回戦、9勝9敗、2日、Kスタ宮城)

パ・リーグ3位の楽天は2日、Kスタ宮城でクライマックスシリーズ
(CS)進出を争う4位・西武に3−7で敗れ、球団史上初の
CS進出マジック点灯はならなかった。



 楽天は、先発の永井が六回までヒット6本を浴びながら、
中島のソロ本塁打のみに抑える粘りの投球。

打撃陣は4番・山崎武が4回に2ラン、
六回には宮出の遊ゴロの間に1点を追加し永井を援護した。

 しかし、七回に永井が四球のあと2アウトを取ったところで、
中継ぎの有銘に交代も栗山にヒットを浴び1、2塁。

野村監督はここで右の川岸に交代したが、さらに裏目だった。
中島、後藤、石井義に3連打を浴び一気に逆転。

八回にも3点の追加点を許した。

 楽天打線は、逆転された七回以降無安打と完全に意気消沈。
球団初のCSマジック点灯はならなかった。


上海から無錫にバスで向かった。バスは新しくきれいだった。


亀頭渚(げんとうしょ)公園の記憶がなぜか全くない!



無錫の宿泊ホテルは予想を上回る豪華なホテルだった!


無錫錦倫大酒店ホテルの朝のバイキング料理もまあまあ良かった



無錫では中国で3番目に大きい湖・太湖で遊覧船に乗った


太湖(無錫の湖)の景色をバックにツ―ショットでご機嫌です


無錫・三国城テ―マパ―クでの騎馬戦は予想以上に面白かった。


無錫・三国城の奥の方にも見所は一杯あってカ―トで移動した!


posted by warashibe at 10:05| Comment(0) | 永井 怜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

主砲、おかわり君(中村)欠いている打線とは言っても、永井投手の活躍が大きかった。


昨日、8月26日の西武戦は、永井投手の活躍が大きかった。
いくら、主砲、おかわり君(中村)欠いている打線とは言っても、

強力打線であることには変わらない。

どこからでも、本塁打が飛び出す、怖いバッタ―が揃っている。

そんな打線をわずか2安打完封で完投したのだから、凄い!!

永井投手は、前回の登板でも1点に抑えて、勝利していた。

楽天投手陣の3番目の柱として、抜け出た感じだ!

野村監督も、今まで、永井投手を一人前に見ていなかったが、
これで、だいぶんと見直したようだ!?

攻撃面でも、野村監督の作戦が、うまくはまり、してやったりの
気分だ!

しかし、これで、1勝1敗の5分になったわけだが、今日、登板予定の
マ―君が、いいピッチングをしてくれるだろうか?

右ひじに不安があるようなので、本来のピッチングが
できないようだ??

岩隅投手、永井投手と、いいピッチングをしてくれただけに、
ぶざまな姿は見せられない!!

という気負いが、あだになって、自滅しないとよいが??

楽天・永井は2安打完封、三塁踏ませず
2009年8月27日(木) 7時51分 サンケイスポーツ


(パ・リーグ、西武0−6楽天、15回戦、西武8勝7敗、26日、西武ドーム)
永井がわずか2安打に封じて9勝目、3位奪回の立役者になった。


「きのう(25日に)岩隈さんがすごい投球をしたのに勝てなかった。
落とせない試合だった」。

カーブと直球の緩急で西武打線に三塁を踏ませなかった。
「最低でも西武に勝ち越したい。

(第3戦先発の)田中ならやってくれますよ」と
同期入団の大黒柱にバトンを渡した。


ノムさん奇襲!前夜失敗スクイズで再び3位浮上…楽天
2009年8月27日(木) 8時0分 スポーツ報知

 ◆西武0―6楽天(26日・西武ドーム) 

前夜、スクイズに泣いた野村監督が、スクイズに笑った。

1―0の4回1死一、三塁、カウント1―1から中谷がバント。

捕球した西武先発・石井一が慌ててグラブトスしたボールが、
捕手・銀仁朗のミットをそれて転がる間に、
三塁走者のセギノールが生還した。

 「奇策だよ。(鈍足の)セギノールだからどうかと思ったけど、
(打率1割台の)中谷なら100%かえせない。
どうせ点が取れないならやっちゃえ、と」と指揮官。

延長11回、サヨナラ負けした前日(25日)は1―0の
4回1死二、三塁で、サインを見間違えた中村真が
スクイズを強行して失敗。


「昨日の失敗が布石になった? それはあるかもな」。

前日は激怒していた野村監督も、してやったりの表情を浮かべた。

 クライマックスシリーズ進出をかけた3連戦を1勝1敗とし、
再び0・5差で3位に浮上。27日には田中を今季初めて
中5日で先発させる。


蘇州・シルク研究所の見学時間は観光地よりもしっかり時間が取ってあった!?

蘇州観光は午後4時前に終わりホテルに向かった!

中国・蘇州からでもネットに接続できて日本のHPが見れたことは感激でした!!

蘇州の名物料理である松鼠桂魚を食べた覚えがなかった??


ホテル(蘇州)での朝食バイキングはなかなかよかった!!



 
posted by warashibe at 13:09| Comment(0) | 永井 怜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。
こだわりが強くても大丈夫。   「真剣に結婚したい!」      そんなあなたのためにユーブライドは応援します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。